今年も悲報が多い。今度はDoobie BrothersのドラマーMichael Hossackが、去る3月12日にがんのため他界しました。享年65歳でした。

Doobie Brothersと言えば豪快なツインドラムがトレードマーク。Michaelは初の2人目のドラマーとして1971年にDoobiesに加入し、初期の全盛期にツインドラムの片割れとして叩いていました。その後脱退したものの、再結成以降はまたバンドに合流し、晩年までバンドの屋台骨を支え続けたのでした。

2010年にリリースした新作「World Gone Crazy」でも叩いていたし、数少なくなったメンバーの一人としてジャケ写にもちゃんと写っていました。しかし病気のためにツアーには参加できず、プロモーションビデオにも写っておらず。それでもまたすぐに復帰をしてきてくれると思っていただけに、まさかこんな結果になるとは思いませんでした。2005年にKeith Knudsonも亡くなっているので、これで看板ドラマーが2人ともいなくなってしまったわけです。

2006年のUdo Music Festivalで彼らのライブを一度だけ見たことがあります。その時はまだMichaelも健在で、向かって右側のドラムセットで叩いていました。あの巨体と太い腕で、決して派手ではないけど、力強く安定したドラミングだったのを覚えています。あれからたった6年しか経っていないのに、人の運命は分からないものです。

ご冥福をお祈りします。RIP