フレディー・マーキュリー 華やかな孤独フレディー・マーキュリー 華やかな孤独
リック スカイ 中村 美夏

シンコーミュージック 2001-11-01
売り上げランキング : 202642

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今月はもうQueen月間となってしまうが。。たまに書店で見かけつつもあえて今まで手を出さなかったが、先日の「クイーン&MUSIC LIFE展」で池袋くんだりまで行って手ぶらで帰るのも嫌だったので手にした一冊。

この著書は基本的には本人や多くの関係者とのインタヴューを基にして、色んな側面から多面的に紹介するという構成になっているようだが、それをここではあえて時系列なバイオグラフィーにまとめてみた。

本名ファロック・バルサーラ少年は裕福なゾロアスター教のペルシア人として生まれ、タンザニアやインドでのびのびと生活していた。しかしイギリスに転居してから窮屈を強いられるようになり、アートスクール時代にはあまり目立つタイプではなかったようだ。しかしQueenとしてのデビュー当時から、相当な自信家で成功すると信じて疑わず、実際にそうなってゆく。それは彼の音楽的才能と圧倒的なパフォーマンス、エンターテイメント精神と完璧主義などに起因する必然の結果だったと言えるだろう。

成功後、プライベートでは自由なゲイコミュニティのあるドイツ・ミュンヘンが気に入り移り住み、同性と奔放な性生活を繰り返していたらしい。また何千万円規模の豪華絢爛かつセクシュアルなパーティー三昧にあけくれたり、骨董品などに莫大な浪費をしたりと、生活はかなり派手だったようだ。

しかし85年に彼はイギリスに帰り、それまでとは正反対の静かな生活を送るようになる。恐らく彼はこの段階でエイズに感染したことを知っていたのだろう。周囲にはこのことを決して明かさなかったが、年々健康状態を失っているのは明らかだった。そして91年11月24日、自らがエイズに感染しているという声明を発表した翌日に帰らぬ人となってしまうのだった。

この著書はプライベートについての箇所では多少下世話な印象も感じられたが、やはり彼について多面的に知る意味では良かったのかもしれない。退屈が嫌いで、常に人を楽しませるエンターテイナー。しかしその反面常に人に気を使い、シャイで物静かな一面も持つ。人間的にも、歴史的にも、彼はかけがえのない人物であったと言えるだろう。彼が遺してくれた音楽を今後も大切にしていきたい。