Serious Hits Live (2pc) [DVD] [Import]Serious Hits Live (2pc) [DVD] [Import]
Phil Collins

Rhino / Wea 2003-11-11
売り上げランキング : 86003

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Disc One:
1. Hand In Hand
2. Hang In Long Enough
3. Against all Odds (Take A Look At Me Now)
4. Don't Lose My Number
5. Inside Out
6. Do You Remember?
7. Who Said I Would
8. Another Day In Paradise
9. Separate Lives
10. Saturday Night and Sunday Morning
11. The West Side
12. That's Just The Way It Is
13. Something Happened On The Way To Heaven

Disc Two:
1. Doesn't Anyone Stay Together Anymore
2. One More Night
3. Colors
4. In The Air Tonight
5. You Can't Hurry Love
6. Two Hearts
7. Sussudio
8. A Groovy Kind Of Love
9. Easy Lover
10. Always
11. Take Me Home

 先週触れたPhil Collinsの全盛期の姿が見たくなり、大ヒットとなったアルバム「…But Seriously」に伴う1990年の「Serious Tour」におけるドイツはベルリンでのライブを改めて見てみた。回転木馬に模したステージで幕が上がりスタートするが、これは最高の一夜となる。

 まずPhilが元気だ。そして最初は失礼ながら単なるハゲた愛嬌のあるおっさんだと思ったものだが、ここで人は見た目ではないということを痛切に思い知らされる。まず一つは抜群に歌唱力がある。コーラスの女性とデュエットで歌う"Separate Lives"などは絶品である。また曲によってはピアノの前にも座りしっとりと弾き語り聞かせてくれる。さらにはこの人はもともとGenesis・Brand Xの敏腕ドラマーだった人である。時に後ろのドラムセットにも座り、もう一人のドラマーとドラムバトルまで演じてくれたりもする。本当に多才な人である。

 また決してこのようなPhil一人だけが脚光を浴びるのではなく、バック陣の果たしている役割も大きい。ギターにClaptonぽいDaryl Stuermer、特徴的なルックスのベースLeland Sklar、4人のブラス隊Phenix Horns、3人の黒人コーラス隊など、合計11人のバック陣のキャラが立っている。中国系のトランペットLui Luiが特に頑張っているのが印象的である。また全員が場面々々でコミカルな動きをしてくれる見せ場があり、全員が非常に楽しんで演奏をしているのがよい。もちろん全員抜群に巧い。

 そして何よりもこのライブで素晴らしいのはオーディエンスである。冒頭から凄まじい盛り上がりを見せる。1万人以上が一体となり歓声を上げ、ハンズクラップし、歌う。特に"Two Hearts"で手の空いたブラス隊がやっていたウェイヴに合わせ、1万人全員がウェイヴを見せる光景は感動的ですらある。演者としてこれほど一緒に演って楽しい聴き手はいないだろう。この夜が素晴らしいのは、このオーディエンスによるところも大きい。

 これはポップ、ロック、R&B、ジャズなど様々なジャンルの音楽を渾然一体に提示してくれるスケールの大きなミュージックショーである。そして何よりもMCをほとんど全てドイツ語で語りかけるPhil Collinsの、観客を楽しませたいという心意気が観客に届いた結果、より素晴らしいものとなっている。まさに総合エンターテインメントの一夜である。

★★★★☆