Everything Comes & GoesEverything Comes & Goes
Michelle Branch

Reprise / Wea 2010-09-21
売り上げランキング : 510

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Ready To Let You Go
2. Sooner or Later
3. I Want Tears
4. Crazy Ride
5. Summertime
6. Everything Comes And Goes

 2001年に18歳でデビューし瞬く間に売れっ子となった彼女。翌年デビューしたAvril Lavigneとともに女性シンガーソングライター第2世代を形成した。ミーハーかもしれないが、個人的に彼女の素朴なポップセンスは結構好きだったし、後年Santanaとコラボしたり、カントリーシンガーJessica HarpとカントリーデュオThe Wreckersを組んだりと、他ジャンルへの積極的なクロスーバーなアプローチも好感を持っていた。もちろん外見が可愛かったというのもある。しかしその後妊娠・出産と、しばらく一線から離れることになったようだ。

 さて今回ソロとしては7年振りとなる新作EPということなのだが、メロディは良い意味で変わっていない。そしてM1でのフィドルやM4のマンドリンなど、今回もそのアレンジには随所にわたりカントリー風味がプラスされている。どうやらThe Wreckersでの趣向は彼女の中では一過性なものではなかったようだ。近年Shania TwainやTaylar Swiftなどのカントリーシンガーがメインストリームで大成功を収めたり、またNorah JonesやJewelなどのシンガーがカントリーを標榜したりすることが多くなったが、こうしたクロスオーバーは個人的には歓迎である。来年出るらしいフルアルバムも期待しよう。

★★★☆