OTRL(初回生産限定盤)(DVD付)OTRL(初回生産限定盤)(DVD付)
奥田民生

KRE 2010-08-04
売り上げランキング : 30

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1.最強のこれから
2.わかります
3.えんえんととんでいく
4.RL
5.音のない音
6.たびゆけばあたる
7.ひとりカンタビレのテーマ
8.かたちごっこ
9.Room 503
10.解体ショー
11.暗黒の闇

 元々私もUnicorn世代だったが、うちの嫁さんがそれ以上に結構な民生ファンだったため、バンド時代からソロまでの全ディスコグラフィがうちには揃っている。彼の持ついい感じに気の抜けたアメリカンなロックサウンドはシンプルながらも味わい深く、私もいつしか結構ハマってしまっていた。

 昨年はUnicornの再結成に沸いた1年間だったが、今年はもう新たなソロ作品の発表である。今の彼は本当に創作意欲に溢れているようだ。しかも今回の作品は一味違う。先立って「ひとりカンタビレ」というツアーが敢行されたのだが、これは全楽器を彼が1人でPro Toolsを使いながら観客の前で録音する公開レコーディングライブであり、毎ステージで1曲ずつ完成させ、翌日には配信するという画期的なものだった。それをまとめたのが今作品なわけである。

 このツアーは私も見に行きたかったのだが、DVDを見る限りはやはりかなり興味深いものだった。ダラダラな雰囲気でとぼけた笑いを取りながらも、目の前で次々とリズムを作り上げ、ギターとボーカルを乗せ、最後にコーラスをかぶせる。その手際の良さは流石の一言であり、やはり一流のプロデューサーであることを証明している。

 実際こうして出来上がった作品群をアルバムとして聴いてみても、普通にバンドとしてスタジオ録音されたようにしか聞こえない水準の高さである。制作の都合上シンプルな音作りではあるが、随所に光るメロディも散りばめられている。もし実際にこれらの曲が目の前で出来上がる過程を見ていたら、愛着もひとしおだろう。私も出来ることなら、こんな風にひとりカンタビりたいものだ。

 また先日聞いたところによると、彼は今度来日するThe Verbsにギター・ボーカルとして加入するらしい。これはかの名ドラマーSteve Jordan夫妻によるバンドであり、ベースもPino Paradinoだ。SteveとPinoと言えば、最近ではJohn Mayerのバックも努めた名リズム隊である。そんな2人相手でも、きっと彼はマイペースを貫くのだろう。

 つくづく彼は面白い人である。

★★★☆