チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ <デラックスエディション>(DVD付)チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ <デラックスエディション>(DVD付)
シェリル・クロウ

USMジャパン 2010-02-24
売り上げランキング : 8481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DISC 1
1. Run, Baby, Run
2. Leaving Las Vegas
3. Strrong Enough
4. Can't Cry Anymore
5. Solidify
6. The Na-Na Song
7. No One Said It Would Be Easy
8. What I Can Do For You
9. All I Wanna Do
10. We Do What We Can
11. I Shall Believe

DISC 2
1. Coffee Shop
2. Killer Life
3. Essential Trip Of Hereness
4. Reach Around Jerk
5. Volvo Cowgirl 99
6. You Want More
7. All By Myself
8. On The Outside
9. D'yer Mak'er
10. I Shall Believe (2009 Remix)

DISC 3 (DVD)
1. Valuable Stuff (Documentary)
2. Leaving Las Vegas
3. All I Wanna Do
4. Strong Enough
5. Can't Cry Anymore
6. Run, Baby, Run
7. What I Can Do For You
8. All I Wanna Do (Alternate Version)

 先日Jackson Browneとジョイントツアーで来日していたSheryl Crow。今回の参戦は諸事情によりやむなく見送ることとなったが、本当なら見に行きたいところだった。そんなSherylのデビューアルバム「Tuesday Night Music Club」が昨年デラックス・エディションの輸入盤でリリースされていたのだが、国内盤がきっと出るはずだと思って待っていたら、この来日時期に合わせてようやくリリースされた。

 音楽教師やMichael Jacksonのバックシンガーなどの下積みを積んだ後31歳という遅咲きでメジャーデビューを果たしたのが1993年。結果的にこのアルバムはグラミー賞3部門を獲得し、800万枚以上のセールスを上げ、95年にデビューしたAlanis Morissetteらとともに、90年代の女性シンガーソングライタームーブメントを作り上げたのだった。

 Disc1はオリジナルCDのリマスター。カントリーなどのアメリカンルーツミュージックを下敷きにし、オーガニックなロックを聴かせてくれている。全体的にスロー~ミドルテンポの曲が大半を占めているのだが、シンプルかつ土着的な趣向とあいまり、アメリカの大陸的な貫禄を感じさせてくれる。埃っぽい荒野でギター1本で歌い続けるような、アメリカ女性の芯の強さが滲み出ている。言わずもがな、名盤である。

 Disc2は当時の未発表曲集。M7のEric Carmenと、M9のLed Zeppelinのカバーはなかなかいい。Disc3はDVDでPV集になっている。同時に収録されているツアー・ドキュメンタリーを目当てにしていたのだが、これはちょっと物足りなかった。ここはもう少しアルバム制作やツアーに関するインタビューなどを交えながら、ボリュームを増やしてもらいたかったところである。

 実はこの人のアルバムは3作目までしか持っていないのだが、ちょっと今度ちゃんとコンプリートしなきゃいかんなぁと思った次第であった。



この人のイメージって、曲的にも絵的にも、こんな感じ。名曲。