The Best of Doisneau: Paris
Robert Doisneau
Flammarion
2015-03-03





先日行ったライカギャラリーでは数ヶ月毎に色々な企画の写真展を開催しています。で、後で知ったのですが、ジム・マーシャル展の前にやっていたのがロベール・ドアノー展だったそうで。個人的に非常に好きな写真家だったので、見られずに残念でした。

私は学生の頃から結構写真が好きでした。撮る腕はないですが、写真集を眺めるのは好きで、大型書店なんかに行くとつい時間を忘れてしまいます。基本的には風景画が好きなのですが、たまに人物画を眺めることもあります。彼はそんな私が最も好きな人物写真家の1人です。

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau, 1912-1994)はフランスの写真家で主に1940~50年代に活躍しました。彼の作品では最も有名な「パリ市庁舎前のキス」を始め、パリ市内での市民の様子が生き生きと捉えられています。また彼が切り取る絵はどれもユーモアに溢れていて、彼の温かい人柄が滲み出ていると思います。

元々私はレトロなものが好きで、また学生の頃は今と違ってファッションにも興味があったので、彼の写真に写る当時のヨーロッパのファッションも参考にしたりしていました。今となってはファッションのフの字も興味ないですけどね。。でも彼の写真は今でも大好きです。