先週はハードロックのインスト名曲として、泣きのギターを特集してみた。今週は同じギターインストでも少し趣向を変えて、エレクトリックではなく、アコースティックなものを取り上げてみたいと思う。癒しのギターインスト名曲私的5選。

① Randy Rhoads  ”Dee” (1980)
個人的にこの曲に対する思い入れは並々ならぬものがある。別項をご参照下さい。


② Yes  ”Mood For A Day” (1971)
Steve Howeはクラシックギターの使い手でもある。昨年この美しい調べを生で聴けて良かった。


③ Led Zeppelin  ”Black Mountain Side” (1969)
Jimmy Pageのアコースティックへの造詣は深い。当時酷評された3rdのB面も素晴らしいと思う。


④ Steve Stevens ”Run Across Desert Sands” (1989)
この人は後にアルバム1枚作ってしまう位フラメンコが好きなのだが、そんな彼の凄腕が堪能できる名曲。 

 
⑤ Black Sabbath ”Laguna Sunrise” (1972)
Tony Iommi先生は元祖ヘヴィメタルのリフマスターだが、毎回こんな綺麗な小曲も作ってくれていた。

 

ハードロック・ヘヴィメタルにもこうしたアコースティックなインスト名曲は多いが、本場はやっぱりクラシックやフラメンコだと思う。差し当たり、Narciso YepesやPaco De Luciaあたりの大御所からお勧めしたい。