bobbykeys

毎年年末になると訃報が多くなるのはなぜだろう。私にとって一番悲しかったのがこの人。サックス奏者のBobby Keys。享年70歳。今年の3月のRolling Stonesの来日公演で熱演を見たばかりだったので、この訃報は寝耳に水だった。

ただ色んな報道を見ていて、どこでもRolling Stonesのサックス奏者としか記載されていなかったのが気になった。確かにStonesとの活動が一番長く有名なので仕方ないのだが、彼のキャリアはそれだけではないのだ。

アメリカのテキサス出身で、10代でBuddy Hollyのツアーに帯同している。その後Leon RussellとのつながりからDelaney & Bonnie & Friendsに参加。この本場スワンプロックに惚れ込んだEric Claptonの招致によりイギリス・ヨーロッパをツアー。これで一気に注目を集め、George Harrison、John Lennon、Joe Cocker、多くのトップアーティスト達のアルバムやツアーに引っ張りだことなる。Stonesへの参加はこの延長にあるわけだ。

このようにLeon RussellやDelaney & Bonnieらが火を付け大西洋両岸で席巻したスワンプロックだったが、そのサウンドの鍵を握っていたのがアメリカ南部フィーリング溢れるBobby Keysのサックスプレイだったと思っている。

RIP