トヨタ博物館

IMG_4148

先日名都美術館に行った折、折角なので近くにあるトヨタ博物館にも寄ってみた。どうやら開館30周年ということで、今年4月にクルマ文化資料室がオープンしたばかりだった。

IMG_4124
まずはクルマ館へ。トヨタの歴代の車を見られるだけかと思っていたがさにあらず。世界初の1886年ベンツに始まり、世界中の自動車史を代表する名車約140台がずらりと並んでいた。

IMG_4131
キャデラックシリーズ60スペシャル (1938)
色々あった中で個人的に最も惹かれた一台。一度で良いから乗ってみたい。

IMG_4113
トヨダ AA型乗用車 (1936)
トヨタ最初の生産型乗用車。豊田喜一郎の情熱の結晶。この頃はまだトヨダだったらしい。

IMG_4135
トヨタ パプリカ UP10型 (1961)
18歳で免許取り立ての頃、レトロ趣向だった私が最初に乗りたいと思っていたのがこの車だった。結局親父のお下がりのカローラになったが。

IMG_4117
外では60年代の軽量スポーツカー、ホンダS800、トヨタスポーツ800、ロータスエリートの走行披露を行っていた。小気味良いエンジン音で軽快に走っていた。

IMG_4140
続いてクルマ文化資料室。約400点のカーバッジから今はなき膨大なメーカーの存在を知ることが出来る。

IMG_4144
カーマスコットも180点ほどあったが、特にルネ・ラリックは美術品と言って良い。

IMG_4146
ライセンスプレートは私もアメリカのものを50枚近くコレクションしていたが、世界各国のものは初めて見た。

結局半日では全く時間が足りなかった。車好きには堪らない場所である。また機会があれば来たいものだ。

「山元春挙 - 大明神と呼ばれた画家」

IMG_4110

私の好きな日本画家 山元春挙の回顧展が名都美術館で開催されていたので、はるばる観に行ってきた。

山元春挙(1871-1933)は竹内栖鳳とともに近代京都画壇を代表する日本画家である。動物画が人気の栖鳳と比べると、春挙の名前はあまり聞かれることはないが、彼の風景画は一見以上の価値がある。

彼の作品の多くは生誕地にある滋賀近代美術館の所蔵で、寄贈のタイミングで2000年に展覧会が開かれていた。その滋賀近代美術館の改装休館にあたり、名都美術館が春挙の作品を借り受け、今回19年振りの回顧展となったのだった。

前後期総入れ替えで、後期終了間近に行ったのだが、スケッチや画材も含めて約40点が展示されていた。最も感銘を受けた5作品を挙げる。

瑞西の絶景(1903)
①「瑞西の絶景」(1903?)
渡米時に描いた「ロッキーの雪」が有名だが、この時スイスには行っていない。富士山に似た見事な山容だが、どこの山かは謎である。

春夏秋冬(1913)
②「春夏秋冬」(1913)
代表作の1つ。四季折々の山岳画はどれも素晴らしいが、特に雪の描写に秀でた春挙の冬の松は見事。

③「上高地穂高連峰写生」(1916)
頻繁に各地の山々へ登山しながらスケッチをしていた。8mにも渡って間断なく描かれたこのスケッチは、既に絵として完成している。

四海青波図(1928)
④「四海青波図」(1928)
春挙作品の特徴はその色彩の鮮やかさにある。特にこの透き通るような青緑色が素晴らしく、しばらく見入ってしまった。生物のような巌の形も面白い。

高嶽爽気図(1930)
⑤「高嶽爽気図」(1930)
最も好きな作品の1つ。中央アルプスらしいが、どこの山だろうか。実際に登った春挙にしか描けないダイナミックさが溢れていた。

またしばらく回顧展が開かれることなどないだろう。遠かったが行って良かった。

VIPER 「Theatre Of Fate」 (1989)

シアター・オヴ・フェイト
ヴァイパー
ビクターエンタテインメント
1991-07-21




1.Illusions
2.At Least a Chance
3.To Live Again
4.A Cry from the Edge
5.Living for the Night
6.Prelude to Oblivion
7.Theatre Of Fate
8.Moonlight

去る6月8日、ブラジルのHR/HMボーカリスト・ミュージシャンAndre Matosが急逝したということを音楽ニュースで知った。死因は心臓発作、享年47歳という若さだった。

Andre MatosといえばANGRA以降のキャリアに焦点が当たりがちだが、私にとって思い出深いのはVIPERである。1991年に日本盤でリリースされた2nd「Theatre Of Fate」がとにかく衝撃的で、こんな完成度の高いものが何故ブラジルから?と驚いた。Sepultraの「Arise」が出たのも同年だったので、ブラジルのHMシーンが一気に注目を集めた年だった。

フルートも交えた叙情的なインストで幕を開け、珠玉のファストチューンがずらりと並ぶ。適度にヘヴィでありながらもメロディアスで、テクニカルなギターソロも美麗。Andreの伸びやかなハイトーンも力強い。リズムチェンジし緩急織り交ぜたり、中間部で予想外の展開を見せるあたりはプログレっぽくもある。

本国の発表は1989年なので、Helloweenが「Keeper Of The Seven Keys Ⅱ」を出した翌年だ。その後ドイツで無数のHelloweenフォロワーが竹の子のように登場したが、そうした凡百のバンドが束になっても到達出来ない高みを既にブラジルで極めていたことに驚きを覚える。

マイナーキーの4曲が続いた後に、突き抜けるような高揚感のM6も素晴らしい。このアルバムは人生にもがく若者が自己を発見するというコンセプトアルバムにもなっているが、この歌詞も注目に値する。

そしてハイライトはAndre作曲のM8。ベートーヴェンのピアノ曲”月光”を大胆にアレンジしたこの曲は、クラシック素養のあるAndreの真骨頂。Andreの絶唱と、ラストのバイオリンが涙腺を刺激する名曲だった。

残念なことにその後VIPERはAndreが脱退したことで失速する。一方AndreはANGRAを結成し「Angels Cry」で華々しくデビュー。こちらは期待された方向性で人気を博したが、個人的には「Theatre Of Fate」を超えることは出来なかったと思った。VIPERとしては突然変異的に生まれた名盤だった。


「ジョン・ラスキンと地の大聖堂」

ジョン・ラスキンと地の大聖堂
アンドレ エラール
慶應義塾大学出版会
2010-07-01





序文 ラスキンの石について
第1部  山の発見へ(1823年〜1835年)
 第1章  青い山々
 第2章  あそこに、エギーユが!(1833年)
 第3章  とどまれ、とどまれ、そして眺めよ、あれはシャモニーだから!(1835年)
第2部  ソシュール、ターナー、クーテットを道案内として(1842年〜1844年)
 第4章  私がしたい仕事……(1841年〜1842年)
 第5章  夜明けに孤立した山の頂上に立ち給え……(1843年)
 第6章  新しいガイド、ジョゼフ・クーテットとビュエに登った(1844年)
 第7章  私はアルプスの真の秘密のいくつかに近づいた(1844年の日記)
第3部  ヴェネツィアとシャモニ−のあいだ……(1845年〜1856年)
 第8章  私の本当の国(1845年〜1846年)
 第9章  シャモニ−では、革命はなかった(1847年〜1849年)
 第10章  私は『ヴェネツィアの石』の代わりに『シャモニーの石』を書いていただろう…(1849年〜1856年)
 第11章  山の美について、あるいはシャモニーの石(1856年)
第4部  失われ、見出されたたシャモニー(1856年〜1888年)
 第12章  シャモニ−は完全に汚染された(1856年〜1865年)
 第13章  アルパイン・クラブの紳士たち……(1865年)
 第14章  親愛なるシャモニーの老ガイドは逝った(1865年〜1877年)
 第15章  雲なきシャモニーの雪のやすらぎの下に(1877年〜1900年)

三菱一号館美術館で「ジョン・ラスキン生誕200周年記念 ラファエル前派の軌跡展」をやっていた。ラスキンの山岳画を目的に行ってみたところ、「ラ・フォリの滝」など僅かながら拝むことが出来た。ラスキンとターナー以外はほとんど良く観なかったが。。

ジョン・ラスキン(John Ruskin, 1819-1900)はイギリスの美術評論家・思想家である。建築や地質学、社会学など幅広い分野の著作があるが、中でも特にアルプスの山岳美について多く著した。これはそんな彼の山との関わりをテーマとした伝記である。ちなみに本著は先日登った丹沢山みやま山荘の本棚にも置かれていた。

彼はイギリスの裕福な商人の一人息子として生まれた。子供の頃に家族旅行で訪れたフランスのシャモニーでアルプスの美に魅了される。彼は身体が弱かったこともあり、登山にはあまり興味を持たなかったかわりに、ひたすら観察することに執心した。

通常シャモニーと言えばモンブランだが、彼はそれよりもエギーユ(先鋒)群に心を奪われた。氷河や岩石の研究をし、わずか15歳で地質学の論文を発表している。また山は美術の対象でもあり常にスケッチをしていた。随所に引用される彼の日記や著作には、彼のシャモニーでの詳細な観察が記録されている。朝焼けの先鋒、刻々と変化する雲、白く輝く氷河、etc。シャモニーの山岳美を誰よりも良く理解し表現していた。

当時イギリスの美術界で山岳画を描いていたのはターナーくらいだったが、その頃は画風が変わり酷評されていた。そのターナーを擁護するために「近代画家論」を執筆したのもこうした流れだった。

一方でラファエル前派と呼ばれる若い画家達も支援していたが、その中のジョン・エヴァレット・ミレイに妻を盗られたのは有名な話だ。これを読むと彼の過保護な両親が彼らの結婚生活を破綻させたことが分かる。

一時はシャモニーの土地まで購入した彼だったが、その後のリゾート開発や氷河の後退といった景観の変化には憤慨した。きっと今のトンネルやロープウェイを見たら卒倒するかもしれない。それでも彼の愛したシャモニーを一度訪れてみたいと思う。

Cascade_de_la_Folie_1849

檜洞丸登山

西丹沢にはヒルがいないということを、ある丹沢の師匠が教えてくれた。また5月は檜洞丸のシロヤシオツツジが綺麗とのこと。そこで開花の情報が入った直後の平日に代休を利用して西丹沢に向かった。大雨の翌日、天気予報では快晴だった。

CIMG4436
西丹沢ビジターセンターに車を停め、8:00にツツジ新道を登り始める。

CIMG4442
ゴーラ沢出合。前日の大雨で水量が増していたが、何とか渡渉できた。

CIMG4451
登るにつれて霧が出てきた。幻想的ではあるが、眺望は全くない。

CIMG4499
ツツジ新道なのに、なかなかツツジが見当たらない。ようやくミツバツツジを見つける。

CIMG4492
目当てのシロヤシオも少しだけ拝むことが出来た。やはり時期的に少し早かったようだ。

CIMG4474
11:30に檜洞丸山頂(1601m)に到着。霧は晴れたが、曇天のため眺望は全くなし。。

CIMG4476
山頂直下の青ヶ岳山荘で令和カップラーメン(600円)を頂く。山頂で会った方と山談義に花が咲いた。

CIMG4496
帰りは犬越路を回ろうと思っていたが、大雨で橋が流されたとのことで、石棚山(1351m)経由で下山する。途中少し雲が晴れ、ユーシン方面が見えた。

CIMG4507
ストックがあってもとにかく膝がツラくて、コースタイムオーバーで箒沢公園橋に到着。丹沢で残るは蛭ヶ岳だが、あまり無理できなそうだな。

羊蹄山

IMG_3798

先日の北海道の旅の最大の目的は羊蹄山(1,898m)を見に行くことだった。羊蹄山は別名「蝦夷富士」とも呼ばれている通り、富士山に非常によく似ている。日本全国には色んなご当地富士があるが、その中でも特に見事な山だと思う。

IMG_3772

羊蹄山に登ったこともあるという洞爺湖畔の食堂のおばちゃんは、本物の富士山を見た時に全く感動がなかったと言っていた。標高が全く違うことを分かってはいても、これだけ似ていれば仕方ないだろう。

IMG_3793

かつて深田久弥は「日本百名山」の中で「この山を単に羊蹄山と略して呼ぶことに私は強く反対する。古く日本書紀斉明朝5年(659年)にすでに後方羊蹄(しりべし)山と記された歴史的な名前である」と書いていた。しかし地元の人は皆羊蹄山と呼んでいたし、誰も後方という意識はない。

IMG_3809

羊蹄山は真狩村・ニセコ町・倶知安町・京極町・喜茂別町と5つの町村にまたがって位置しているが、各地の人々は自分の住む土地から見る羊蹄山が一番だと言っている。今回の旅では一周して全方位から眺めてみたが、正直あまり違いが分からなかった。富士山についても山梨と静岡の人達は同じように言っているが、その土地の拘りがあるようだ。

地元に誇れる山があることは羨ましい。雪がなくなるのは7月らしいので、その時期に一度登りたいものだ。

春の北海道

IMG_3722

先月また北海道に出張で行った。大抵空港絡みの仕事がメインなので、初日は千歳で諸用をこなす。そして翌日は休みを取っていたので、夜レンタカーでそのまま洞爺湖温泉へと向かった。

IMG_3777
泊まりは安い旅客ホテル。素泊まりで5500円だが、設備も値段相応。でも温泉は良かった。

IMG_3742
夜は近くの定食屋で海鮮丼とサッポロビール。店のおばちゃんが2000年の火山噴火の時大変だった話を色々してくれた。

IMG_3750
翌朝なぜかまた夜明け前に目が覚めたので湖畔を散歩。朝焼けの洞爺湖が美しかった。

IMG_3778
前夜のおばちゃんの話を聞いて、金比羅山火口を見に行ってみた。その巨大さに噴火の凄まじさを実感した。

IMG_3799
北へ進むと近づいて来るのが羊蹄山(1,898m)。今回はこれを見るのが最大の目的だった。これについてはまた後日。

IMG_3812
その西にあるのがニセコアンヌプリ(1,308m)。今や世界的に有名なスキーリゾートであり、もはや日本ではなかった。

IMG_3800
羊蹄山の東側にある尻別岳(1,107m)は羊蹄山と対になる山である。羊蹄山ほど高くはないが、気になる山だ。

IMG_3831
最後に支笏湖に寄って、風不死岳(1,102m)と樽前山(1,041m)を拝んだ。樽前のドームからはこの日も噴煙が上がっていた。

他にも有珠山(737m)や徳舜瞥山(1,309m)、恵庭岳(1,320m)などひたすら山の写真を撮りながら走り回った。北海道のこのエリアはとにかく火山だらけで独立峰が多い。山容はどれも特徴的で、雪化粧をした様子はみな見事。峠の路面も雪はなくドライブ日和だった。次は見るだけでなく、どれか登りたいものだ。

ローリングストーンズ展

IMG_3671

TOC五反田メッセで開催されていたローリングストーンズ展(Exhibitionism)に行って来た。実はここは勤め先に近いのだが、平日は忙しくて仕事帰りには行けず、結局休みの日に行った。

IMG_3620
最初に大部屋で迫力のある映像を見た後に再現されていたのが、彼らがデビュー前に共同生活をしていたロンドンのアパート。散らかったビール瓶やタバコやレコードだけでなく、汚いキッチンまで完全再現されていて笑った。

IMG_3625
続いてはデビュー時の資料。直筆のアンケートや契約書の他にキースの日記まであり「1963年1月16日、リハーサル。ステュとビルが来なかった」と書いてあってまた笑った。

IMG_3627
レコーディングスタジオまで再現されていた。実際に使用した楽器にコンソール、録音テープまで展示されていた。

IMG_3642
キースやロニーらのギターもずらりと並んでいた。

IMG_3637
楽曲をいじれるデジタルコンソールもあった。ミックには悪いがボーカルは消して各楽器音を堪能した。

IMG_3657
ここからは彼らのデザイン関連の展示で、ベロマーク、ツアーポスター、アルバムジャケット、ステージセット、映像作品まで様々。アンディ・ウォーホルの油彩や鉛筆の肖像画も見ることが出来た。

IMG_3660
ステージ衣装もデビュー時から最近のものまで50着以上。さらにはバックステージの再現や3D映像、ロニーの絵心のあるリハーサルリストなどまで。気付いたら3時間も経っていた。

IMG_3670
行く前は3500円は高いなと思っていたが、Stonesの全軌跡を辿れる展示内容にむしろ安いと思った。Stonesファンなら是非。

岩殿山登山

IMG_3956

GW中に娘と奥多摩の三頭山に登る予定だったのだが、あいにく雨で行けず。代わりに別の日に単独で山梨の岩殿山に行った。中央道を走ると大月でいつも見える断崖絶壁の山で、低山ながら見所が多く人気がある。

CIMG4328
この辺の山は駅からのアクセスが良い。車もなかったので珍しく電車で向かう。大月駅に到着し9:40から浅利へ向かって歩き始めた。

CIMG4343
浅利川に沿って歩くも登山口がなかなか見つからず手間取った。GWなのに他に登山者も全くいなかったが、どうやら皆逆ルートだったようだ。

CIMG4390
この時期はとにかく新緑が綺麗。さらにヤマツツジも至る所で咲いており、急登の疲れも癒された。

CIMG4411
11:50に稚児落し(590m)に到着。200mの断崖絶壁に足がすくみ、名前の由来がさらに怖さを倍増する。ビビりながらも崖上で30分昼休憩。

CIMG4422
この後は稜線歩き。眺望は良いが、天神山(596m)、鎖場、築坂峠と結構なアップダウンが続く。崩落箇所もあった。

IMG_3923
13:45に岩殿山(634m)に到着。ここは戦国時代に小山田氏の岩殿城があった山であちこちに城跡が残っている。

IMG_3928
また岩殿山は秀麗富嶽十二景の1つ。最初は高川山に隠れていたが、ここからの眺めは流石秀麗。

IMG_3955
もう1つ目当ては、中腹にある岩殿山ふれあい館。ここには山岳写真家 白旗史朗氏の写真館があり、秀麗富嶽十二景の作品が拝めた。
低山だが満足感のある山行だった。

改元

IMG_4003

昨年から平成最後の●という謳い文句を耳タコなほど見聞きしてきた。そうしたものに特に関心を持たずにいたが、それも今日で終わると思うと多少の感慨もある。

明日からは令和となる。初めて国書である万葉集を典拠とした元号とのこと。正直まだ違和感があるので、娘と習字してみた。小4の娘は結構習字が得意なのだがなかなか気が乗らず、二画目からは少し本気になってくれた。。

今回の改元は天皇陛下の退位に伴うもの。こんなことを言うと大変失礼だろうが、天皇陛下は私の亡くなった祖父にとても似ていた。そのため勝手ながら親近感を覚えていた。なので今回の退位は少し寂しいものがある。

一方で、皇太子殿下にも親近感がある。それは同じ山好きという点にある。日本山岳写真協会展で殿下の迫力のあるアイガー北壁を拝見して以来、国内外の錚々たる山々を踏破されていることを知った。

今年の始めに行われていた歌会始の儀で殿下の句も披露されていたが、これにも感銘を受けた。
即位後はさらにお忙しくなるだろうが、どこかの山でお会いすることが出来れば幸甚である。

IMG_3996
Gallery
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
  • 御岳山・大岳山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments