ジェフ・エメリック 「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実」

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>
奥田 祐士

白夜書房 2009-09-09
売り上げランキング : 34323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先週、EMIが経営難のためロンドンにあるアビーロードスタジオを売却するというニュースが報道されていた。アビーロードスタジオと言えばThe Beatles。デビュー以来ほとんどのアルバムをここで制作している。これに対しPaul McCartneyはスタジオを救いたいというコメントを話しているが、ここに所属していたサウンドエンジニアたちもきっと同様の想いだろう。

 本書はそんなアビーロードスタジオ(当時はEMIスタジオと呼ばれていた)でThe Beatlesを担当していたエンジニアGeoff Emerickによる回顧録である。昨年大枚をはたいて購入したリマスターボックスを、せっかくだから十二分に堪能したいと思っていたところに、うってつけだったのが本書だった。「Revolver」から「Abbey Road」までThe Beatlesのレコーディング現場にいた唯一のエンジニアが語るThe Beatlesサウンドメイキングのすべて、とキャッチコピーには書いている。しかし、それは正式なエンジニアとしてということであって、事実は本書にも記載されているように、デビューアルバムからその制作現場に彼はいたのである。そのため本書はほとんどのThe Beatlesディスコグラフィの裏側をつぶさに教えてくれる。各アルバムの各曲が完成に至る過程で、どのような試行錯誤がなされていたかが事細かに描写されている。「St. Pepper」セッションではメンバーとプロデューサーGeorge MartinとGeoffがチームとなりながら、レコーディングに工夫を重ね原曲にアレンジやオーバーダビングを行ったことで名曲の数々が誕生して様子は痛快である。一方で「White Album」でメンバー間やスタッフとの人間関係の崩壊の様子は悲しい。

 また本書はメンバーそれぞれのパーソナリティについても細かく描写している。Paulについては、細やかな気遣いができるプロフェッショナルだが完璧主義者であるとしている。一方で、Johnは良くも悪くも感覚的な天才肌、Georgeはギターのあまり巧くない気難しい男、Ringoは自信喪失屋、として描写されている。これがそれぞれのファンにとっては不満に感じられるかもしれないが、恐らくこれも事実なのだと思われる。

 著者がアビーロードスタジオに勤務を始めたのがわずか15歳、「Revolver」を担当した時も19歳だったというから恐れ入る。彼がThe Beatlesを担当できたのは、運の巡りもあったろうが、やはりPaulやJohnと同様にそのスタジオにおける天才的な発想力があってこそだったろうと思う。



本書のハイライトの一つ。アビーロードスタジオから世界中に生中継された"All You Need Is Love"の公開レコーディング。冒頭にチラッと出てくるのがGeorge Martin。

The Beatles 楽曲人気投票



 今日は世間ではバレンタインデーらしい。うちの娘も最近自我に目覚めてきたようだが、いつか大きくなったら、きっと思い焦がれる男子生徒を前に、恥じらいながらチョコレートを渡す日が来るのだろう。
 
 そのバレンタインに関連して、EMIミュージックのThe Beatlesオフィシャルサイト「I LOVE THE BEATLES」では、“こいのうた”と題して、The Beatlesのラブソング30曲の中から人気投票を3月10日まで受け付けているらしい。

こちら → http://www.emimusic.jp/beatles/love_beatles/

彼らの楽曲には優れたラブソングが無数にある。そのため、その中から3曲だけを選べなんていうのは、はっきり言って無茶な話なのである。また以前リマスターCDがリリースされた際には、全人気楽曲ランキングなんていう企画も、また別のEMIサイトで行われていた。こちらには合計26万票にものぼった楽曲人気投票が集計され、213曲すべてがランキングされている。

こちら → http://www.emimusic.jp/beatles/special/20090909_ranking.htm

それによると1位”Let It Be”、2位”In My Life”、3位”Hey Jude”と、Paulのバラッドの人気が高いことが分かる。10曲なら選べるはず、ということで私もこれに便乗して、個人的に好きな楽曲トップ10を挙げてみた。しかし選び始めたら、迷うこと迷うこと・・・。思ったより時間がかかってしまった上、結局選びきれず15曲になってしまった。

1. "You Never Give Me Your Money ~ Her Majesty” 「Abbey Road」
2. "Nowhere Man” 「Rubber Soul」
3. "If I Fell”  「A Hard Day’s Night」
4. "You Won’t See Me”  「Rubber Soul」
5. "Strawberry Field Forever”  「Magical Mystery Tour」
6. "In My Life”  「Rubber Soul」
7. "Here, There And Everywhere”  「Revolver」
8. "While My Guitar Gently Weeps”  「The Beatles」
9. "Magical Mystery Tour”  「Magical Mystery Tour」
10. "I’ve Just Seen Her Face”  「Help !」
11. "Across The Universe”  「Let It Be / Past Masters」
12. "Blackbird” 「The Beatles」
13. "All You Need Is Love”  「Magical Mystery Tour / Yellow Submarine」
14. "Tomorrow Never Knows” 「Revolver」
15. "Love You To” 「Revolver」

 M1は反則かもしれないが、このメドレーはやはり1曲としてカウントしたいところだ。彼らのキャリアを締めくくるに相応しい、めくるめくロック絵巻。これが「Abbey Road」を名盤たらしめている最大の理由であり、私がこのアルバムを生涯最大の名盤とする理由である。M2~M4は学生時代によくアコースティックギターで弾き語っていた思い出深い曲たち。初期~中期のこれらの楽曲の、メロディとコーラスの美しさ、明るくもどこかメランコリックな曲調と歌詞は、心の琴線に触れまくる。それ以降は、比較的中期の作品を多く挙げている。様々な楽器やサウンドエフェクトを駆使し、工夫・試行をこらしたこの頃の楽曲は聞きごたえある。

 ちなみに今年2010年は、John Lennonの生誕70年&没後30年ということで、彼のソロレコーディング楽曲人気投票も行われている。

こちら → http://www.emimusic.jp/st/johnlennon/

彼の楽曲は優れたものが多く、その中から5曲だけを選べなんていうのは・・・(以下略)

バンクーバー・オリンピック開会式



 遂にスタートしたバンクーバー・オリンピック。毎回そんなに熱狂的に中継を見たりはしていないんですが、今回もモーグルで出ている上村愛子選手と、アイススケートの浅田真央選手だけはさすがに気になります。個人的に私も昔長野の大学でスキーサークルに入ってモーグルをしていたこともあったり、知り合いに女子モーグルのオリンピック強化選手がいたりしたので、上村選手を見ているとスゴイなぁと本当に感心させられます。
 
 で、今日の開幕式を見ていたんですが、歌っている男女のペアを見ると、見覚えのある顔が。よく見たらNelly Furtadoでした。そしてその隣にはBryan Adamsが。そういえば2人ともカナダ人でしたね。Nellyもビッグな存在になったなぁ、と思わず感心してしまいました。(新作は売れなかったようですが・・・) その後も見ていると、Sarah McLachlan、K.D. Lang、Joni Mitchellなど、カナダを代表するアーチストが次々と登場していました。他にカナダ人アーチストと言えば、Neil Young、The Band、Rush、Alanis Morissette、Sum41なんかも思い浮かびます。みんな閉会式に出てきたら面白いね。

 どこのオリンピックも自分の国のアーチストを出演させるんだっけと思い返したが、確か2004年のアテネオリンピックではBjorkが歌っていましたね。“Oceanic”を壮大なスケールで歌っていたのが印象的でしたが、Bjorkはアイスランド人。逆にギリシャには世界的なポップスのミュージシャンというのは思いつきません。そういえば2006年のトリノオリンピックではカナダ人のAvril Lavigneが歌ってましたね。今回のカナダは、普段はアメリカの陰に隠れがちだけど、実はこれだけ自前で魅力的なアーチストがいるのだと、そして実はこれだけの歴史や自然や文化を持っているのだということ見せてくれました。

 なんか今回のオリンピックは、暖冬のため雪不足だったり、練習中に事故で選手が亡くなったりと、色んなニュースが流れていますが、平和の象徴として無事に終わってほしいものですね。

Matthew Sweet & Susanna Hoffs 来日

 昨年このブログでも「Under The Covers Vol.2」を取り上げたMatthew Sweet & Susanna Hoffs。耳当たりが非常によく、何度も繰り返し聞いたカバーアルバムだった。このデュオがなんと来日する。まさかこのコラボで来日してくれるとは思わなかった。きっとこれまでアルバムが予想以上に売れていたことが、今回の来日につながったのだろう。これは何としてでも見たいということで、早速チケットを予約した。小さなハコにもかかわらずあまり売れていないのか、先行じゃなくても余裕で入手できた。

 以前も書いたのだが、Susanna Hoffsは私の青春である。にもかかわらず2003年のBangles再結成時の来日を見逃しているから、今回の生Susannaは非常に楽しみだ。カバーアルバムの曲もいいのだが、Banglesの曲も演奏してくれたら、もう言うことはない。ただふとメンバーを見ると、MatthewとSusanna以外にギターはいるが、ベースもドラムもいない。ひょっとするとこれはアコースティックライブなんだろうか。スティールギターを含めたフルセットを期待していただけに、これはちょっと残念だった。

 それにしても、このBillboard Liveさん、何気に大物の名が連なっている。先月もBeach BoysやDe La Soul、Aztec CameraのRody Flameなんかも来ていたし、今月もChristopher CrossにZapp、3月にもKool & The GangやSteve Lukatherらもやって来るらしい。確かに旬を過ぎたアーチストたちかもしれないが、個人的にはどれも興味のある人達ばっかりだ。しかしあまり宣伝をしていないようで、気づいたら後の祭りとなってしまう可能性が高い。ちょっとこれからチェックしておかないと。

Matthew Sweet & Susanna Hoffs 4/2(金)~4/3(土) @ Billboard Live Tokyo
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=7185&shop=1


Paul McCartney 「Good Evening New York City」

グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)
ポール・マッカートニー

ユニバーサルクラシック 2009-11-18
売り上げランキング : 484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Drive My Car
2. Jet
3. Only Mama Knows
4. Flaming Pie
5. Got To Get You Into My Life
6. Let Me Roll It
7. Highway
8. The Long And Winding Road
9. My Love
10. Blackbird
11. Here Today
12. Dance Tonight
13. Calico skies
14. Mrs. Vandebilt
15. Eleanor Rigby
16. Sing The Changes
17. Band On The Run
18. Back In The USSR
19. I'm Down
20. Something
21. I've Got A Feeling
22. Paperback Writer
23. A Day In The Life / Give Peace A Chance
24. Let It Be
25. Live And Let Die
26. Hey Jude
27. Day Tripper
28. Lady Madonna
29. I Saw Her Standing There
30. Yesterday
31. Helter Skelter
32. Get Back
33. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The End

 本当は昨年のうちに上げたかったのだけど、遅くなってしまった。昨年末に急遽リリースされたPaul McCartneyのNew YorkのCiti Fieldでのライブ作品。ただこれについてはまず言いたい。2000年以降のここ10年だけ見ても、「Back In The US」、「In Red Square」、「The Space Within Us」などと、ライブアルバムやライブ映像作品は多くリリースされている。そこへ今回の「Good Evening New York City」なわけだが、9月に世界的にThe Beatlesリマスター祭りとなった直後なだけに、どうしてもビジネス的なものを感じざるを得なくなってしまう。

 と、最初に苦言を呈してしまったが、作品自体は一級品である。というのも、Paulのライブは常に超一級品だからである。今年、齢67歳になるPaul翁。まったく衰えを見せずに2時間以上歌い続け、ベースやギター、キーボードを演奏し続けるパワフルさたるやどうだ。そして何よりもアレンジを変えていないため、原曲のキーで歌っていることの凄さよ。彼のプロフェッショナルさとファンへの想いに、こちらも頭が下がる思いである。

 セットリストはここ10年ほどの間、基本的にはあまり大きくは変わっていない。解散後のWings時代の曲や、ソロの曲(最新作からも”Dance Tonight”と”Only Mama Knows”を収録)、そしてThe Beatlesナンバーと、全時代の名曲をまんべんなく演ってくれている。The Beatlesナンバーに関しては、これまで彼は自身の曲に限って歌ってきた。それだけでもそうそうたる楽曲群なのであるが、今回はトリビュートの意味合いからGeorgeの”Something”や、Johnの“Day Tripper”“Day In The Life”“Give Peace A Chance”まで披露している。こうなると、もし今ここにFab Fourの4人が揃っていて、何の制約もなく選曲ができたら、どんなセットリストになるのだろうと、叶わない想像をしてしまったりもした。

 かつてのThe Beatlesには2人の天才がいた。一人は死して伝説となり、もう一人は生きて伝説となった。その生きた伝説を、一度でいいからこの目で見ておきたい。同じ時代を共有している間に。

★★★★


Billy Joelとの夢の共演。

Bob Dylan 来日

Bob Dylan 3/21(日)~29(月) @ Zepp Tokyo

 Bob Dylanがやってくる。9年ぶりの来日。しかも全公演Zeppのスタンディングツアー。これだけの大物クラスになると、大抵東京ドームとかになるものを、Zeppで演奏してくれるとは。ウドーさんもやってくれる。

 Dylanの近年のライブでは、直近4作品からと、60年代の名曲群が中心のようだ。しかし近年のDylanは、往年の名曲たちもアレンジをだいぶ変えており、しかもダミ声でかなり崩して歌うため、原曲が判断しづらい。歌詞をよく聴いていない限り、何の曲を歌っているのかさっぱり分からないのだ。また近年彼は新作を聞いても分かるようにオルガンを弾くようになっており、ギターを手にすることは稀らしい。ステージの右端でオルガンを弾きながら、観客を方ではなくそっぽを向いて歌っている。かつてのイメージでライブに行くと、アレっと思うに違いない。

 しかしにもかかわらずチケット入手は争奪戦となり、私はその激戦の末やむなくチケットが取れなかった。改めて国内のDylanの人気の高さを知った。残された道は、追加公演に期待するか、ヤフオクしかないようだ。69歳という年齢を考えると、きっともう来日はこれが最後かもしれないのだが、果たして御大の姿を拝むことはできるのだろうか。


The Most Favorite Albums in 2000s (後編)

2000年代のお気に入りアルバムたち、次は後編としてAlternative Rock編とHeavy Rock編をいってみたいと思います。

Alternative Rock編

Cave In 「Antenna」 03

ボストンハードコアに端を発し模索していく中で、時流バンドとは異質な世界観を完成させていた。これもあくまでも一時的な音楽性であったが。

Green Day 「American Idiot」 04

決してコンセプトだけでなく、世の中をギャフンと言わせるだけの楽曲もあったことが勝因。キャリアを塗り替えたターニングポイント。

Red Hot Chili Peppers 「Stadium Arcadium」 06

ベストメンバーによって00年代は彼らにとって第2の黄金時代となった。中でも最も充実していた貫禄と躍動感を見せた1枚。

Blink 182 「Blink 182」 03

おバカ路線を捨て、シリアス路線で試行錯誤した力作だったが、そうしたエゴが解散へとつながってしまった。再結成後どうなる?

Jimmy Eat World 「Bleed American」 01

エモという時代を加速させた傑作。ほとばしる感情ときらびやかなポップ感覚で彩られた青春絵巻。でも個人的には前作の方が上。




Heavy Rock編

downy 「無題」 04

日本のアンダーグラウンドシーンからポンとこんなものを出されて驚愕した。今となっては活動休止が悔やまれる。

Cynic 「Traced In Air」 08

15年ぶりの新作もやっぱりスゴかった。あえて言うならプログレッシブデスメタルとなるのだろうが、とにもかくにも唯一無二の存在。

Deftones 「White Pony」 00

思えばこの頃がヘヴィロック全盛期だったのではないだろうか。その中で激情だけではない懐の深さを見せつけ、一時代を築いた功績は大きい。

System Of A Down 「Toxicity」 01

アルメニア人としてのアイデンティティと政治姿勢、そしていわゆる変なカラーを個性たらしめた強引な説得力。奇異な存在だった。

Neurosis 「Eye Of Every Storm」 04

ヘヴィミュージック・アングラシーンの神的存在。メジャーにいない分、時代とは隔離されたところで独自の進化を遂げ続けている。




以上、各ジャンル5枚ずつで計20枚を挙げてみました。どれも個人的にはアルバム全編を通して何度も飽きずに聴ける作品たちでした。今後も入れ替わる可能性は大ですけども。
さて、向こう10年間もまた良い音楽が沢山生まれてくるのでしょうか。まぁいずれにせよ私自身が音楽と向き合える時間は確実に激減するでしょうけどね。

The Most Favorite Albums in 2000s (前編)

2000年代が終わったということなのですが、正直言って未だにその実感がないというのが事実だったりします。ついこの間、2000問題がどうのこうのとか言ってたと思ったら、もう10年たったのかという感じ。ただその10年で歳を重ねたせいか、個人的な音楽指向は大きく変化してしまいました。60~70年代のものや、ルーツロック系に指向が傾いていくかわりに、オルタナティブ系やヘヴィロック系にはうとくなったし、新人にもまったくついて行けなくなりました。ロックンロールリヴァイバルやガレージロック、UKモノにもほとんど食指が動かなかったし。

という10年間でしたが、一応その間に毎年新譜は20~30枚くらいは聴いていたから、10年なら200~300枚程度は聴いていたのだと思います。そんな中からあまり悩みもせずに各ジャンル5枚ずつを選んでみました。まずはPop/Rock編とRoots Rock編から。



Pop/Rock編

Beirut 「The Flying Club Cup」 07

東ヨーロッパの民族ブラス音楽を世間に紹介したというだけのことなのだが、そのエレクトリックを排した音楽性は逆に新鮮だった。

Ben Folds 「Rockin’ The Suburbs」 01

極上のピアノメロディを湛えたポップとロックの理想的な融合。しかも全て一人で作り上げた文字通りのソロ作。

Norah Jones 「Feels Like Home」 04

ジャズ畑出身かと思いきやポップスやカントリー、あげくはロックにパンクまでこなしてしまう。そんな彼女の癒し系傑作。

N.E.R.D. 「Fly Or Die」 04

ロックはもともと黒人のものだったのだということを説得力を持って聴かせてくれた。しかしこの1枚だけだったが。

東京事変 「大人」 06

力量のあるメンバーが揃ってバンドとして円熟味のある1枚。ジャズやボサノバ・テクノなどバラエティに富み、素直に楽しめた。





Roots Rock編

Cake 「Pressure Chief」 04

ひょうひょうとしていながら確信犯。John McCreaという男は実に不思議な魅力を持っている。ところで新作はまだですか。

Levon Helm 「Electric Dirt」 09

かのThe BandのドラマーだったLevonの完全復活作。生粋の南部男の生き様を見せつけながらも、歳を取ることはかくも素敵なことと教えてくれる。

Son Volt 「The Search」 07

武骨さ、逞しさ、不器用さ、温かさ、優しさ、はかなさ。カントリーロックとはつまりこういうことなのだという現代アメリカンロックの良心。

Bob Dylan 「Modern Times」 06

歴史的偉人が現代においても第一線で活躍し続けているだけでなく、音楽的にも商業的にも大成功を収めているという事実が脅威的。

Ry Cooder 「I, Flathead」 08

世界のルーツ音楽探求家によるカリフォルニア3部作の最終章。00年代も実りの多い年代でした。

賀正

SpellboundSpellbound
Tygers of Pan Tang

Metal Nation 2006-11-14
売り上げランキング : 62893

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あけましておめでとうございます。
年が明けて2010年がスタートしてしまいました。昨年の6月にブログを始めてからも、あっという間に半年が過ぎました。とりあえずここまでのところ週に1回の更新ペースは守ってきているというのが、自分の中では素晴らしいと自画自賛しています。2002年に始めたホームページの方は、晩年ほとんど放置プレーだったので、なんとかこのペースを続けていけたらいいですねぇ。

昨年は個人的には初めて子供を授かったという、大きな変化があった年でした。2009年が明けて間もなくして妊娠が発覚し、9月に出産。そして生活が全て姫を中心に回るようになりました。昨年の年賀状は結婚式の写真を使いましたが、今年の年賀状には姫がドーン。今後数年間はひたすら姫のオンパレードとなり、小生意気な中学生になったくらいの頃にようやく違うデザインになることでしょう。

さて今年の干支は寅ということで、虎のジャケと言ってパッと思い浮かんだのは ↑ のTygers Of Pan Tang。Thin Lizzy、Whitesnake、Blue Murderといった数々のハードロックバンドを遍歴したギタリストJohn Sykesが在籍していたイギリスのバンド。70年代末期にイギリスで勃発したNew Wave Of British Heavy Metalというムーブメントの一翼でした。中身も悪くないのですが、ジャケットがとにかく素敵です。

ちなみにこれまでホームページで毎年やってきた年間アルバムトップ10みたいなのは、今年は特に考えていません。あまり多く聞いていないし、ブログを見れば大体そのまんまという感じなので。まぁまだアップしていないものもあるのでそれは順次上げていきます。ただこれで00年代が終わったようなので、この10年を振り返るような企画はやりたいなぁなんて考えてはいるので、それはまた次回にでも。

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

Them Crooked Vultures 「Them Crooked Vultures」

ゼム・クルックド・ヴァルチャーズゼム・クルックド・ヴァルチャーズ
ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ

SMJ 2009-12-02
売り上げランキング : 2651

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. No One Loves Me & Neither Do I
2. Mind Eraser, No Chaser
3. New Fang
4. Dead End Friends
5. Elephants
6. Scumbag Blues
7. Bandoliers
8. Reptiles
9. Interlude With Ludes
10. Warsaw or The First Breath You Take After You Give Up
11. Caligulove
12. Gunman
13. Spinning In Daffodils

 Foo FightersのDave Grohl、Queens Of The Stone AgeのJosh Hommeといったスゴいメンツが集まったスーパーバンドということで話題になっている。しかし中でも一番の目玉はやはりJohn Paul Jonesだろう。2007年末に一夜限りのLed Zeppelin再結成をして以来、密かにこんなプロジェクトを進めていたのだから。寝耳に水だった。

 肝心のサウンドについては色んなレビューがされている。これは正にZepに通ずるハードロックであるというもの、Queens路線のストーナーロックであるというもの、さらには現代に蘇るサイケデリックロックであるというもの、様々である。実際はそのどれもが当てはまるような気もするが、まぁ正直ジャンル分けなどどうでもいい気もする。

 とりあえず言えることは、とにかくメンバー全員がグルーヴ一杯に弾きまくり・叩きまくりながらも、どこかヒネくれた感覚も持ちあわせた、一筋縄ではいかないロックであるということだろう。これはバンド名やジャケットにも表れている。もう一つ言えることは、彼らがこれを心から楽しんでいるということだ。John爺なんかはライブでベースやキーボード以外にも、エレキマンドリンや立奏用スティールギターなんてものまで弾いている。実は一番楽しんでいるのは、憧れのZepと共演をしているDaveよりも、Zepに代わる新しいマシンを見つけたJohn爺なのかもしれない。

★★★☆



Gallery
  • レコード
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • 『Dark Star - H.R.ギーガーの世界』
  • ヒプノシスのジャケットアート10選
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments