さようなら、サーフ



 今月は別れが多い。私が職場を離れるだけでなく、愛車とも別れることになってしまうとは…。
 乗り替えの理由はやはり子供。姫が生まれたことにより、彼女をチャイルドシートに乗せたり、荷物を載せたりが、この大きな車だと大変なのだということだ。なるほど、それは理解できる。それにこの車ももう14万キロ以上も走っており、次の車検ももう通せないだろうと言われているくらいだ。仕方がない。しかし走りもエンジンのかかりも、まだまだすこぶる調子が良い。それに車検もまだあと1年残っている。せめて最期まで看取りたかったものだ。しかし先日「安いの見つけた」と妻に引っ張られ、行った中古車ショップで「今年の自動車税が来る前に買い替えた方がお得」だと、その場で購入を決断することになってしまった。まさかこんなに早く別れが来ることになるとは思ってもいなかった。

 私がこの車に出会ったのは、1999年。今から11年も前になる。大学を卒業し、内定していた会社に入社する直前の3月であった。それまで親父のお下がりの古いカローラに我慢して乗っていたので、就職を期に長い間乗りたかった車を購入するつもりだった。130のトヨタ・ハイラックスサーフ、それも背面タイヤのないタイプを探していたところ、黒のリミテッドを見つけた。車体価格190万円、コミコミで220万円。高い買い物ではあったが、迷わずに毎月5万の3年ローンを組んでいた。

 この車は自分にとって、理想の車だった。国産の車としては、これ以外に乗りたいと思える車はなかった。四角くて無骨なフォルムは、いくら見てても見飽きることがなかった。それに背面なしの黒はかなり珍しい。これまで11年の間で、10台もお目にかかったことはない。

 その後、自分なりに色々いじったものだった。タイヤとホイールに始まり、フロントグリル、ウィンカー、テールランプ、リアスポイラーなど、それぞれ替えたり、外したりしながら、自分色に染めていった。本当は仕上げとして、5インチほどローダウンをさせたかったのだが、数10万円ほど予算がかかるので躊躇していたところ、歳を重ねるにつれ結局その機会を逃してしまった。

 この車とは、色んなところに行った。特に最初の会社を辞めた後、1か月間ほどこの車で日本中を旅をしたのは印象深い。北は北海道から、南は四国まで、津々浦々巡ったが、夜の寝泊まりも全部車中だった。また札幌に2年ほど住んでいた時も、この車にはお世話になった。毎日降りしきる雪の中、この車の中だけは暖かかった。色んなことが想い出される。

 忌野清志郎氏じゃないけれども、そりゃひどい乗り方をしたこともあった。左リアのフェンダーは、ガードレールにぶつけて割れたままになっている。また車体右側には、焼き肉屋の駐車場の植木に当てた時の引っかき傷が、かなり目立っている。それなのに直さずにそのままにしていたのは、4WDだからこれも味なのだと気にしなかった自分のO型気質が原因である。

 それでも私はこの車が大好きだった。この車は私の良き相棒であり、パートナーだった。近年の、新しい車が出たからと、数年で買い替えるような乗り方は、理解できなかった。

 一時期この車を手放さざる得ないような事態が起こったこともあった。某都知事によって広まった排ガス規制である。環境のために、ディーゼル車は全て車検を通せなくするというものであった。目的は理解できるが、作ったメーカーは何のおとがめもなく新しい需要にあやかるだけで、買ったユーザーだけが被害を被るというのが、許せなかった。なので私なりのやり方で、この事態を切り抜けた。

 だけど今度だけは、もうそうもいかないようだ。この年式と走行距離なので、下取り価格も廃車手数料分程度にしかならなかった。出会いもあれば、別れもある。仕方がない。次の車は、ホンダのモビリオスパイクだという。自動スライドドアだから、きっと妻と子供は喜ぶだろう。

 明日お別れとなる愛車サーフに、最期に一言。

 さようなら。そして、今までありがとう。


Sheryl Crow 「Tuesday Night Music Club (Deluxe Edition) 」

チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ <デラックスエディション>(DVD付)チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ <デラックスエディション>(DVD付)
シェリル・クロウ

USMジャパン 2010-02-24
売り上げランキング : 8481

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DISC 1
1. Run, Baby, Run
2. Leaving Las Vegas
3. Strrong Enough
4. Can't Cry Anymore
5. Solidify
6. The Na-Na Song
7. No One Said It Would Be Easy
8. What I Can Do For You
9. All I Wanna Do
10. We Do What We Can
11. I Shall Believe

DISC 2
1. Coffee Shop
2. Killer Life
3. Essential Trip Of Hereness
4. Reach Around Jerk
5. Volvo Cowgirl 99
6. You Want More
7. All By Myself
8. On The Outside
9. D'yer Mak'er
10. I Shall Believe (2009 Remix)

DISC 3 (DVD)
1. Valuable Stuff (Documentary)
2. Leaving Las Vegas
3. All I Wanna Do
4. Strong Enough
5. Can't Cry Anymore
6. Run, Baby, Run
7. What I Can Do For You
8. All I Wanna Do (Alternate Version)

 先日Jackson Browneとジョイントツアーで来日していたSheryl Crow。今回の参戦は諸事情によりやむなく見送ることとなったが、本当なら見に行きたいところだった。そんなSherylのデビューアルバム「Tuesday Night Music Club」が昨年デラックス・エディションの輸入盤でリリースされていたのだが、国内盤がきっと出るはずだと思って待っていたら、この来日時期に合わせてようやくリリースされた。

 音楽教師やMichael Jacksonのバックシンガーなどの下積みを積んだ後31歳という遅咲きでメジャーデビューを果たしたのが1993年。結果的にこのアルバムはグラミー賞3部門を獲得し、800万枚以上のセールスを上げ、95年にデビューしたAlanis Morissetteらとともに、90年代の女性シンガーソングライタームーブメントを作り上げたのだった。

 Disc1はオリジナルCDのリマスター。カントリーなどのアメリカンルーツミュージックを下敷きにし、オーガニックなロックを聴かせてくれている。全体的にスロー~ミドルテンポの曲が大半を占めているのだが、シンプルかつ土着的な趣向とあいまり、アメリカの大陸的な貫禄を感じさせてくれる。埃っぽい荒野でギター1本で歌い続けるような、アメリカ女性の芯の強さが滲み出ている。言わずもがな、名盤である。

 Disc2は当時の未発表曲集。M7のEric Carmenと、M9のLed Zeppelinのカバーはなかなかいい。Disc3はDVDでPV集になっている。同時に収録されているツアー・ドキュメンタリーを目当てにしていたのだが、これはちょっと物足りなかった。ここはもう少しアルバム制作やツアーに関するインタビューなどを交えながら、ボリュームを増やしてもらいたかったところである。

 実はこの人のアルバムは3作目までしか持っていないのだが、ちょっと今度ちゃんとコンプリートしなきゃいかんなぁと思った次第であった。



この人のイメージって、曲的にも絵的にも、こんな感じ。名曲。

応援歌

人にやさしく/ハンマー人にやさしく/ハンマー
THE BLUE HEARTS

トライエム 2002-02-06
売り上げランキング : 82989

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先週うちの高校でも卒業式があった。また今年も3年生たちが卒業していった。今の私立高校で教師として仕事をはじめてから、今年で5度目の春を迎える。この5年間で出会った人は数知れない。生徒、保護者、職員、他校の先生、関係業者、すべて数えればゆうに1000人は超えるだろう。そしてその一人ひとりに思い出がある。一緒に笑ったり、怒ったり、悩んだり、嘆いたり。

 その5年目の春に私は退職をすることにした。理由は今の給料では、子供を養っていくのにやっていけないためである。色々悩んだ末の結論だった。次の仕事はまだ決まっていない。本当は年度内中に決めたいところだったのだが、今の仕事をしながら転職活動をするのもなかなか大変なものだった。世の中も不景気の真っ只中、転職のタイミングとしては最悪だろう。しかし決して仕事はないわけではない。ただ仕事内容や年収、自分の年齢を考えるとその幅はかなり狭くなってくる。

 卒業祝賀会では、なぜか私が1曲披露することになってしまった。ノリがいい曲ということで、今年結成25周年になるらしいThe Blue Heartsの”人にやさしく”をアコースティックギターで弾き語りで演奏した。古い曲だが、数年前にドラマの主題歌にもなったので、今の子たちにも多少は知られているんじゃないかということでこの曲を選曲してみた。“♪心の中ではガンバレって言っている。聞こえてほしい、あなたにも。ガンバレー!” 卒業していく生徒たちへの応援歌であった。しかし実は同時に自分自身への応援歌だったりもした。ガンバレ、卒業生。ガンバレ、自分。

初節句



 先日はうちの姫の初節句でした。そこで嫁の実家に行き、30年ほど前に嫁のために購入された雛段の前で、初節句を祝ってきました。今はこんな雛段、買うお金も、置く場所もないですので。

 姫は9月に生まれてから、ちょうど半年になります。体重も7kgを超え、順調に肥えてきていますが、いかんせん身長は平均以下。つまりチビデブなわけです。特に下半身の太り方はスゴいもんで、何重にも肉のヒダが重なりながら、はち切れんばかりの太ももは、まるでタイヤメーカーのミシュランのマスコットのよう。さらに言うと、頭部も非常に薄い。赤ん坊は寝てばかりいるので、後頭部が薄くなるのは仕方のないことなのですが、うちの姫は全体的に薄い。と言うか、どんどん髪が抜けてきている。つまりチビデブハゲなわけです。

 そんな姫でも可愛いのは、最近表情が出てきたから。機嫌がいい時はよく笑う。さらに機嫌がいいと、声も上げる。まだ人見知りしないので、誰かれ構わず愛想を振りまいてくれています。

 ただ私がそんな笑顔が見られるのは週末だけ。平日は仕事から帰ったら姫は寝ているので、寝顔しか見てません。だから人見知りが始まるのが怖い。お願いだから父の顔を見て泣きださないで下さい。

The Knack の Doug Fieger 他界

Get the KnackGet the Knack
Knack

Capitol 2002-04-13
売り上げランキング : 3342

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先日2月14日にまたある悲報が流れていた。The KnackのフロントマンだったDoug Fiegerが癌のために57歳で亡くなったという。(上のジャケットの左から2番目) The Knackと言えば1979年のアルバム「Get The Knack」からのシングルヒット“My Sharona”。当時で知らない人はいないほどの名曲である。しかし逆に彼らの曲でこの曲以外はまったく知られていない。つまり偉大なる一発屋であった。
 
 この曲を聴くと、1989年にクリスマス特番でテレビで放映されていた、UnicornとJun Sky Walkersのジョイントでのカバーも思い出す。阿部Bがサビのところで、”お前の尻は、尻は、日本車じゃ乗れない、ガイシャローナ~♪”と歌っていて、思わず笑ってしまったのを今でもよく覚えている。

 そしてその時一緒に演奏していたのが、RCサクセションの”雨上がりの夜空に”だった。当時中学生だった私は、この2つの名曲でロックの楽しさを叩き込まれたものだった。RCサクセションの忌野清志郎氏も一昨年惜しくも亡くなられたが、この2バンドの両氏が相次いで亡くなったのも、一つの時代が終わったかのような、何か象徴的なものを感じずにはいられない。


ジェフ・エメリック 「ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実」

ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>ザ・ビートルズ・サウンド 最後の真実 <新装版>
奥田 祐士

白夜書房 2009-09-09
売り上げランキング : 34323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 先週、EMIが経営難のためロンドンにあるアビーロードスタジオを売却するというニュースが報道されていた。アビーロードスタジオと言えばThe Beatles。デビュー以来ほとんどのアルバムをここで制作している。これに対しPaul McCartneyはスタジオを救いたいというコメントを話しているが、ここに所属していたサウンドエンジニアたちもきっと同様の想いだろう。

 本書はそんなアビーロードスタジオ(当時はEMIスタジオと呼ばれていた)でThe Beatlesを担当していたエンジニアGeoff Emerickによる回顧録である。昨年大枚をはたいて購入したリマスターボックスを、せっかくだから十二分に堪能したいと思っていたところに、うってつけだったのが本書だった。「Revolver」から「Abbey Road」までThe Beatlesのレコーディング現場にいた唯一のエンジニアが語るThe Beatlesサウンドメイキングのすべて、とキャッチコピーには書いている。しかし、それは正式なエンジニアとしてということであって、事実は本書にも記載されているように、デビューアルバムからその制作現場に彼はいたのである。そのため本書はほとんどのThe Beatlesディスコグラフィの裏側をつぶさに教えてくれる。各アルバムの各曲が完成に至る過程で、どのような試行錯誤がなされていたかが事細かに描写されている。「St. Pepper」セッションではメンバーとプロデューサーGeorge MartinとGeoffがチームとなりながら、レコーディングに工夫を重ね原曲にアレンジやオーバーダビングを行ったことで名曲の数々が誕生して様子は痛快である。一方で「White Album」でメンバー間やスタッフとの人間関係の崩壊の様子は悲しい。

 また本書はメンバーそれぞれのパーソナリティについても細かく描写している。Paulについては、細やかな気遣いができるプロフェッショナルだが完璧主義者であるとしている。一方で、Johnは良くも悪くも感覚的な天才肌、Georgeはギターのあまり巧くない気難しい男、Ringoは自信喪失屋、として描写されている。これがそれぞれのファンにとっては不満に感じられるかもしれないが、恐らくこれも事実なのだと思われる。

 著者がアビーロードスタジオに勤務を始めたのがわずか15歳、「Revolver」を担当した時も19歳だったというから恐れ入る。彼がThe Beatlesを担当できたのは、運の巡りもあったろうが、やはりPaulやJohnと同様にそのスタジオにおける天才的な発想力があってこそだったろうと思う。



本書のハイライトの一つ。アビーロードスタジオから世界中に生中継された"All You Need Is Love"の公開レコーディング。冒頭にチラッと出てくるのがGeorge Martin。

The Beatles 楽曲人気投票



 今日は世間ではバレンタインデーらしい。うちの娘も最近自我に目覚めてきたようだが、いつか大きくなったら、きっと思い焦がれる男子生徒を前に、恥じらいながらチョコレートを渡す日が来るのだろう。
 
 そのバレンタインに関連して、EMIミュージックのThe Beatlesオフィシャルサイト「I LOVE THE BEATLES」では、“こいのうた”と題して、The Beatlesのラブソング30曲の中から人気投票を3月10日まで受け付けているらしい。

こちら → http://www.emimusic.jp/beatles/love_beatles/

彼らの楽曲には優れたラブソングが無数にある。そのため、その中から3曲だけを選べなんていうのは、はっきり言って無茶な話なのである。また以前リマスターCDがリリースされた際には、全人気楽曲ランキングなんていう企画も、また別のEMIサイトで行われていた。こちらには合計26万票にものぼった楽曲人気投票が集計され、213曲すべてがランキングされている。

こちら → http://www.emimusic.jp/beatles/special/20090909_ranking.htm

それによると1位”Let It Be”、2位”In My Life”、3位”Hey Jude”と、Paulのバラッドの人気が高いことが分かる。10曲なら選べるはず、ということで私もこれに便乗して、個人的に好きな楽曲トップ10を挙げてみた。しかし選び始めたら、迷うこと迷うこと・・・。思ったより時間がかかってしまった上、結局選びきれず15曲になってしまった。

1. "You Never Give Me Your Money ~ Her Majesty” 「Abbey Road」
2. "Nowhere Man” 「Rubber Soul」
3. "If I Fell”  「A Hard Day’s Night」
4. "You Won’t See Me”  「Rubber Soul」
5. "Strawberry Field Forever”  「Magical Mystery Tour」
6. "In My Life”  「Rubber Soul」
7. "Here, There And Everywhere”  「Revolver」
8. "While My Guitar Gently Weeps”  「The Beatles」
9. "Magical Mystery Tour”  「Magical Mystery Tour」
10. "I’ve Just Seen Her Face”  「Help !」
11. "Across The Universe”  「Let It Be / Past Masters」
12. "Blackbird” 「The Beatles」
13. "All You Need Is Love”  「Magical Mystery Tour / Yellow Submarine」
14. "Tomorrow Never Knows” 「Revolver」
15. "Love You To” 「Revolver」

 M1は反則かもしれないが、このメドレーはやはり1曲としてカウントしたいところだ。彼らのキャリアを締めくくるに相応しい、めくるめくロック絵巻。これが「Abbey Road」を名盤たらしめている最大の理由であり、私がこのアルバムを生涯最大の名盤とする理由である。M2~M4は学生時代によくアコースティックギターで弾き語っていた思い出深い曲たち。初期~中期のこれらの楽曲の、メロディとコーラスの美しさ、明るくもどこかメランコリックな曲調と歌詞は、心の琴線に触れまくる。それ以降は、比較的中期の作品を多く挙げている。様々な楽器やサウンドエフェクトを駆使し、工夫・試行をこらしたこの頃の楽曲は聞きごたえある。

 ちなみに今年2010年は、John Lennonの生誕70年&没後30年ということで、彼のソロレコーディング楽曲人気投票も行われている。

こちら → http://www.emimusic.jp/st/johnlennon/

彼の楽曲は優れたものが多く、その中から5曲だけを選べなんていうのは・・・(以下略)

バンクーバー・オリンピック開会式



 遂にスタートしたバンクーバー・オリンピック。毎回そんなに熱狂的に中継を見たりはしていないんですが、今回もモーグルで出ている上村愛子選手と、アイススケートの浅田真央選手だけはさすがに気になります。個人的に私も昔長野の大学でスキーサークルに入ってモーグルをしていたこともあったり、知り合いに女子モーグルのオリンピック強化選手がいたりしたので、上村選手を見ているとスゴイなぁと本当に感心させられます。
 
 で、今日の開幕式を見ていたんですが、歌っている男女のペアを見ると、見覚えのある顔が。よく見たらNelly Furtadoでした。そしてその隣にはBryan Adamsが。そういえば2人ともカナダ人でしたね。Nellyもビッグな存在になったなぁ、と思わず感心してしまいました。(新作は売れなかったようですが・・・) その後も見ていると、Sarah McLachlan、K.D. Lang、Joni Mitchellなど、カナダを代表するアーチストが次々と登場していました。他にカナダ人アーチストと言えば、Neil Young、The Band、Rush、Alanis Morissette、Sum41なんかも思い浮かびます。みんな閉会式に出てきたら面白いね。

 どこのオリンピックも自分の国のアーチストを出演させるんだっけと思い返したが、確か2004年のアテネオリンピックではBjorkが歌っていましたね。“Oceanic”を壮大なスケールで歌っていたのが印象的でしたが、Bjorkはアイスランド人。逆にギリシャには世界的なポップスのミュージシャンというのは思いつきません。そういえば2006年のトリノオリンピックではカナダ人のAvril Lavigneが歌ってましたね。今回のカナダは、普段はアメリカの陰に隠れがちだけど、実はこれだけ自前で魅力的なアーチストがいるのだと、そして実はこれだけの歴史や自然や文化を持っているのだということ見せてくれました。

 なんか今回のオリンピックは、暖冬のため雪不足だったり、練習中に事故で選手が亡くなったりと、色んなニュースが流れていますが、平和の象徴として無事に終わってほしいものですね。

Matthew Sweet & Susanna Hoffs 来日

 昨年このブログでも「Under The Covers Vol.2」を取り上げたMatthew Sweet & Susanna Hoffs。耳当たりが非常によく、何度も繰り返し聞いたカバーアルバムだった。このデュオがなんと来日する。まさかこのコラボで来日してくれるとは思わなかった。きっとこれまでアルバムが予想以上に売れていたことが、今回の来日につながったのだろう。これは何としてでも見たいということで、早速チケットを予約した。小さなハコにもかかわらずあまり売れていないのか、先行じゃなくても余裕で入手できた。

 以前も書いたのだが、Susanna Hoffsは私の青春である。にもかかわらず2003年のBangles再結成時の来日を見逃しているから、今回の生Susannaは非常に楽しみだ。カバーアルバムの曲もいいのだが、Banglesの曲も演奏してくれたら、もう言うことはない。ただふとメンバーを見ると、MatthewとSusanna以外にギターはいるが、ベースもドラムもいない。ひょっとするとこれはアコースティックライブなんだろうか。スティールギターを含めたフルセットを期待していただけに、これはちょっと残念だった。

 それにしても、このBillboard Liveさん、何気に大物の名が連なっている。先月もBeach BoysやDe La Soul、Aztec CameraのRody Flameなんかも来ていたし、今月もChristopher CrossにZapp、3月にもKool & The GangやSteve Lukatherらもやって来るらしい。確かに旬を過ぎたアーチストたちかもしれないが、個人的にはどれも興味のある人達ばっかりだ。しかしあまり宣伝をしていないようで、気づいたら後の祭りとなってしまう可能性が高い。ちょっとこれからチェックしておかないと。

Matthew Sweet & Susanna Hoffs 4/2(金)~4/3(土) @ Billboard Live Tokyo
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=7185&shop=1


Paul McCartney 「Good Evening New York City」

グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)
ポール・マッカートニー

ユニバーサルクラシック 2009-11-18
売り上げランキング : 484

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1. Drive My Car
2. Jet
3. Only Mama Knows
4. Flaming Pie
5. Got To Get You Into My Life
6. Let Me Roll It
7. Highway
8. The Long And Winding Road
9. My Love
10. Blackbird
11. Here Today
12. Dance Tonight
13. Calico skies
14. Mrs. Vandebilt
15. Eleanor Rigby
16. Sing The Changes
17. Band On The Run
18. Back In The USSR
19. I'm Down
20. Something
21. I've Got A Feeling
22. Paperback Writer
23. A Day In The Life / Give Peace A Chance
24. Let It Be
25. Live And Let Die
26. Hey Jude
27. Day Tripper
28. Lady Madonna
29. I Saw Her Standing There
30. Yesterday
31. Helter Skelter
32. Get Back
33. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / The End

 本当は昨年のうちに上げたかったのだけど、遅くなってしまった。昨年末に急遽リリースされたPaul McCartneyのNew YorkのCiti Fieldでのライブ作品。ただこれについてはまず言いたい。2000年以降のここ10年だけ見ても、「Back In The US」、「In Red Square」、「The Space Within Us」などと、ライブアルバムやライブ映像作品は多くリリースされている。そこへ今回の「Good Evening New York City」なわけだが、9月に世界的にThe Beatlesリマスター祭りとなった直後なだけに、どうしてもビジネス的なものを感じざるを得なくなってしまう。

 と、最初に苦言を呈してしまったが、作品自体は一級品である。というのも、Paulのライブは常に超一級品だからである。今年、齢67歳になるPaul翁。まったく衰えを見せずに2時間以上歌い続け、ベースやギター、キーボードを演奏し続けるパワフルさたるやどうだ。そして何よりもアレンジを変えていないため、原曲のキーで歌っていることの凄さよ。彼のプロフェッショナルさとファンへの想いに、こちらも頭が下がる思いである。

 セットリストはここ10年ほどの間、基本的にはあまり大きくは変わっていない。解散後のWings時代の曲や、ソロの曲(最新作からも”Dance Tonight”と”Only Mama Knows”を収録)、そしてThe Beatlesナンバーと、全時代の名曲をまんべんなく演ってくれている。The Beatlesナンバーに関しては、これまで彼は自身の曲に限って歌ってきた。それだけでもそうそうたる楽曲群なのであるが、今回はトリビュートの意味合いからGeorgeの”Something”や、Johnの“Day Tripper”“Day In The Life”“Give Peace A Chance”まで披露している。こうなると、もし今ここにFab Fourの4人が揃っていて、何の制約もなく選曲ができたら、どんなセットリストになるのだろうと、叶わない想像をしてしまったりもした。

 かつてのThe Beatlesには2人の天才がいた。一人は死して伝説となり、もう一人は生きて伝説となった。その生きた伝説を、一度でいいからこの目で見ておきたい。同じ時代を共有している間に。

★★★★


Billy Joelとの夢の共演。
Gallery
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • ロックの殿堂ジャパンミュージアム
  • 大山登山
  • 大山登山
  • 大山登山
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments