King Crimson 「Radical Action To Unseat The Hold Of Monkey Mind 」 (2016)



Disc: 1: Mostly Metal
  1. Larks' Tongues in Aspic Part One
  2. Radical Action (to Unseat The Hold of Monkey Mind)
  3. Meltdown
  4. Radical Action II
  5. Level Five
  6. The Light of Day
  7. The Hell Hounds of Krim
  8. The ConstruKction of Light
  9. The Talking Drum
  10. Larks' Tongues in Aspic Part Two

Disc: 2: Easy Money Shots
  1. Peace
  2. Pictures of a City
  3. Banshee Legs Bell Hassle
  4. Easy Money
  5. Vrooom
  6. Suitable Grounds for the Blues
  7. Interlude
  8. The Letters
  9. Sailor's Tale
  10. A Scarcity of Miracles

Disc: 3: Crimson Classics
  1. Red
  2. One More Red Nightmare
  3. Epitaph
  4. Starless
  5. Devil Dogs of Tessellation Row
  6. The Court of The Crimson King
  7. 21st Century Schizoid Man
 
毎年秋の夜長はプログレと決まっているのだが、そんな折にリリースされたのが、昨年の日本公演を収めたKing Crimsonのライブアルバム。

昨年の来日の際には私もオーチャードホールに観に行ったが、期待を遥かに超える素晴らしいものだった。それがここに余すところなく、収められている。他の国でなく、ここ日本での公演を収めてくれたのが、まず何よりも嬉しい。まぁ、きっとこれはパッケージにした時に他国よりも日本で一番売れるからというマーケティング戦略でもあるのだろうけど。

少し残念だったのは、観客の歓声が一切カットされ、スタジオライブのような体裁をとっていること。なので臨場感といったものは一切ない。ツアー行程の中で高松が入っていたのが不思議だったのだが、ここではその高松公演を中心に収録されているらしい。歓声が他よりも少ないからなんだろうか。また日本の観客は演奏中静かなのも好都合なのだろう。

そんなわけだがら、ライブアルバムというよりはある種ベストアルバムのような趣きがある。サブタイトルを付けて3編に分けているところにも意図がある。ツアー中のセットリストは日替りだったのだが、自分が聴けなかった”Eesy Money”や”One More Red Nightmare”も聴けるのも嬉しい。

特徴的だった時に三者三様、時にピタリと揃ったトリプルドラム。Robert Fripp御大の見た目とは裏腹に力強いギター。Jakkoの文句ないボーカル。華を添えるMel Colinsのサックスとフルート。Tony Levinのベースはもっと前に出てもいいかな。映像で観ると当日よく見えなかった1人1人のプレイの手元もよく映っており見応えがあった。

彼らの歴史の中で何度目かのピークかもしれない前ツアーの記録。公演を観なかった人にも是非聴いて観てもらいたい。

 

横浜ビーコルセアーズ VS 新潟アルビレックス

bcors

今日は地元横浜のプロバスケットボールチーム「横浜ビーコルセアーズ」の試合がホーム会場 横浜国際プールであったので、家族で観戦に行ってきました。先月Bリーグが開幕してからは、ここでの試合は初。対戦相手は新潟アルビレックスです。

私は昔アメリカにいた時にはLA Lakersの試合を観たことがありましたが、日本でプロバスケの試合を生で観るのは今回初です。横浜市民になってまだ2年なので、地元意識はまだそんなにないのですが、地元にバスケチームがあるのは嬉しいものです。今期ビーコルは開幕後5連敗と調子が悪かったようですが、その後3連勝とようやくエンジンがかかってきた様子。ただ昨夜の新潟との試合は残念ながら5点差で逃したようでした。

この日の場内は3500人とかなりの人が入っており、最終的に自由席はほとんど埋まっていました。2F自由席は2000円とそれほど高くもありません。色々食べ物と横浜ビールを買い込み、席で食べながら試合前のシュート練習やチアリーダーの応援を楽しみます。そして花道の中、選手が登場。

IMG_1358

試合開始。しかしスタートからいきなり新潟が連続14得点。その後横浜も得点を入れるものの、なかなか点差が縮まらず。新潟の強力センター・ガードナーが負傷で退場した後、第3クオーターでウォッシュバーン・細谷選手・川村選手らの頑張りで5点差まで詰め寄ります。この時は場内のボルテージは最高潮でした。

IMG_1361

しかし第4クオーターで、新潟の長身センター・チャップマンと復帰したガードナーに豪快なダンクやアリウープを連発され、結局18点差で試合終了となってしまいました。やはり最初の点差が痛かったです。
横浜は外からは強いのですが、ややそれに縛られてしまっていた印象。ウォッシュバーンもセンターというよりはパワーフォワードという感じだし。もう少し中で勝負できる強力なセンターが欲しい気がしました。

IMG_1366

ちなみに妻は昔バスケをしていただけあって思いの外楽しんでいましたが、娘はまだ何にも分かっていないので途中からもうグダグダ。ちょっと早かったかな。

Bob Dylan ノーベル文学賞

dylan_paper

Bob Dylan のノーベル文学賞の受賞が決定しましたね。新聞の第一面に大きく出ていて驚きました。ただ受賞自体は毎年期待されながら逃していただけに、正直やっとかという感じですが。

私は元々ポピュラーソングの歌詞には全く興味がありませんでした。音楽は曲とメロディでしか聴いていなかったので、何を歌っているかなど気にしませんでした。それがフォーク期のDylanを聴いて考えが変わりました。激しく糾弾する”Masters Of War”、叙景と対比が見事な”Boots Of Spanish Leather”など、曲以上にその歌詞に衝撃や感銘を受けました。まぁフォークという音楽自体演奏がシンプルな分歌詞が重要なわけですが、Dylanはやっぱり別格でした。高校で英語を教えていた時には、彼の文学性とメッセージを若い人にも知ってほしいと思い、”Blowin In The Wind”を授業でも取り上げたりもしました。なので、今回のノーベル文学賞は感慨深いものがあります。

ただ彼の功績というのはその音楽にもあるわけで、今回の受賞がその断面だけを取り上げたものでしかないというのも、彼が頑なに沈黙を続けている理由なのかもしれません。。


T-Bone Burnett プロデュース傑作10選

t-bone2

今日はプロデューサーT-Bone Burnettが手掛けた作品を色々取り上げてみたいと思います。彼はアメリカンルーツミュージックに造詣が深く、オーガニックな音作りを得意としていますが、ひねくれたポップセンスや実験精神も持ち合わせています。彼の作品全部を聴いたわけではないですが、特に好きなものを10枚選んでみました。

Los Lobos 「How Will The Wolves Survive」(1984)
lobos
今やベテランとなったチカーノバンドの初期の傑作。Rock & Rollとメキシコ音楽が見事に融合しています。

Counting Crows 「August And Everything After」(1993)
crows
吟遊詩人・稀代のボーカリストAdam Duritz率いる大陸的バンドのデビュー作。全米で800万枚の大成功を収めました。

The Wallflowers 「Bringing Down The Horse」(1996)
wallflowers
Bob Dylanの息子Jacob率いるバンドのセカンド。気持ち良いアメリカンロックでシングル”One Headlight”が大ヒットしてました。

OST 「O Brother, Where Art Thou ?」(2000)
brother
南部ルーツミュージックを総括してみせたサントラ。グラミー賞を総ナメし、プロデューサーT Bone Burnettの名を知らしめました。

Ollabelle 「Ollabelle」(2004)
Ollabelle
Levon Helmの娘Amyが在籍していたグループのデビュー作。見事なゴスペルを始め、様々なルーツミュージックを消化しています。

OST 「Walk The Line」(2005)
walk
Johnny Cashの伝記的映画のサントラ。1950年代のRock & Rollが生き生きと再現されており、主演Joaquin Phoenixが熱演してます。

Robert Plant & Alison Krauss 「Raising Sand」(2007)
alison
Led Zeppelinのボーカリストとブルーグラスの歌姫のコラボ作。意外な組み合わせに驚きましたが、聴いて納得。

B.B. King 「One Kind Favor」(2008)
bbking
昨年他界してしまったB.B.の遺作となった作品。落ち着いた雰囲気の中にも彼の熱い想いが伝わってきます。

Willie Nelson 「Country Music」(2010)
nelson
タイトル通りストレートで素朴なカントリー音楽。オーガニックな音作りと老成した味わいが堪能できます。ジャケットも◯。

OST 「Inside Llewyn Davis」(2013)
llewyn
60年代ニューヨークのフォークシーンを描いた映画のサントラ。主演Oscar Isaccを始め、若手の好演が光ります。

R&R、カントリー、ブルーグラス、フォーク、ブルース、ロック、ラテンなど守備範囲はかなり広いですが、この多様なアメリカ音楽はみんな根っこではつながっているということなんですね。これ以外では最近の若手ミュージシャン達の作品は未聴なので、今後聴いてみたいと思います。

「Another Day, Another Time: Celebrating the Music of 'Inside Llewyn Davis'」 (2015)

Another Day, Another Time: Cel
Various Artists
Nonesuch
2015-01-20


Disc 1
1. Tumbling Tumbleweed - Punch Brothers
2. Rye Whiskey - Punch Brothers
3. Will the Circle Be Unbroken? - Gillian Welch
4. The Way It Goes - Gillian Welch & David Rawlings
5. The Midnight Special - Willie Watson
6. I Hear Them All | This Land Is Your Land - Dave Rawlings Machine
7. New York - The Milk Carton Kids
8. Tomorrow Will Be Kinder - Secret Sisters
9. You Go Down Smooth - Lake Street Dive
10. Please Mr. Kennedy - Elvis Costello, Oscar Isaac & Adam Driver
11. Four Strong Winds - Conor Oberst
12. Man Named Truth - Conor Oberst
13. Blues Run the Game - Colin Meloy
14. Joe Hill - Joan Baez, Colin Meloy & Gillian Welch
15. All My Mistakes - The Avett Brothers
16. That’s How I Got to Memphis - The Avett Brothers
17. Head Full of Doubt/Road Full of Promise - The Avett Brothers

Disc 2
1. Mama’s Angel Child - Jack White
2. Did You Hear John Hurt? - Jack White
3. We’re Going to Be Friends - Jack White
4. Waterboy - Rhiannon Giddens
5. ’S iomadh rud tha dhìth orm - Ciamar a nì mi ’n dannsa dìreach - Rhiannon Giddens
6. Hang Me, Oh Hang Me - Oscar Isaac
7. Green, Green Rocky Road - Oscar Isaac
8. Tomorrow Is a Long Time - Keb’ Mo’
9. Rock Salt and Nails - Bob Neuwirth
10. The Auld Triangle -- Chris Thile, Chris Eldridge, Paul Kowert, Marcus Mumford, Noam Pikelny & Gabe Witcher
11. Didn’t Leave Nobody but the Baby - Gillian Welch, Rhiannon Giddens & Carey Mulligan
12. Which Side Are You On? - Elvis Costello & Joan Baez
13. House of the Rising Sun - Joan Baez
14. Give Me Cornbread When I’m Hungry - Marcus Mumford & Joan Baez
15. I Was Young When I Left Home - Marcus Mumford
16. Fare Thee Well(Dink’s Song)- Oscar Isaac & Marcus Mumford
17.Farewell - Marcus Mumford & Punch Brothers

先日の「Inside Llewyn Davis」は1960年代初頭のニューヨークのフォークシーンを見事に描いた映画でした。その映画の音楽を再現したコンサートがにニューヨークで開催されていたのですが、この様子が以前WOWOWで放映されていました。

登場するのは主演したOscar Isaacを始め、Marcus MumfordやPunch Brothersなど映画にも出演していた若手たち。またそれ以外にも、Joan Baez、Jack White、Patti Smith、Gillian Welchなど豪華なベテラン勢も登場していました。こうした面子が皆昔のトラッドやフォーク、カントリーやアイルランド音楽などを演奏するのですが、これが本当に素晴らしい。アコギにフィドル、ウッドベースにビオラ。シンプルな編成のアコースティック楽器に乗る見事な歌声とハーモニーに聴き惚れます。このステージで演奏された音楽は、上のCDとなってリリースされています。

ただ映像で面白かったのは、裏手の楽屋の様子がたっぷりと映されていたこと。ここで中心になっていたのが、やはり音楽プロデューサーのT Bone Burnett。アーティスト達の間を歩き回って、優しくも的確なアドバイスを与えていて、アーティスト達から信頼されているのも分かります。

あと、これを見て一番印象的だったのは若いアーティスト達の存在。Mumford & SonsのMarcus Mumford、Punch BrothersのChris Thile、Carolina Chocolate DropsのRhiannon Giddens、等々。最近のシーンは全く知りませんでしたが、昔の音楽がこうした才能のある若い人達に歌い継がれているのを見るのは良いものです。しかも彼らが売れているというのは何とも良い時代になりました。


Bリーグ開幕

bleague

日本プロバスケットボールのBリーグが開幕しました。バスケが好きな人、かつて好きだった人にとって、これは一大ニュースだったのではないかと思います。

これまでの10年間、日本にはNBLとBJリーグという対立する2つのプロリーグが存在していました。それぞれ方針が違ったためではありましたが、はっきり言ってこれが国内のバスケ人気を低迷させていたと思います。要はどっちを見たらいいか分からない。メディアも取り上げ辛い。結果知名度も上がらない。。

今回統一したのは、FIBA(国際バスケットボール連盟)から2リーグのままでは国際試合に出場させないという処分を食らったからでした。恐らくこれがなかったら、いつまでも変わらなかったでしょうから、FIBAには感謝です。

22日の開幕戦は、NBLの王者アルバルク東京とBJリーグの王者琉球ゴールデンキングスでしたが、これがまた良い試合でした。特に第4クオーターでの喜多川選手のスリーポイントやマクヘンリーのダンクでの追い上げは盛り上がりました。しかもこれが地上波のゴールデンで放映されたというのが大きい。

開幕戦のチケット1万枚は完売だったようですが、大事なのは今後も注目を集め続けられるかどうか。これはメディアへの露出とファンの拡大にかかっています。私も今度地元の横浜ビーコルセアーズの応援に行きたいと思います。


映画 「インサイド・ルーウィン・ディヴィス」



連休中、特に予定がなければのんびり映画を観るのも良いでしょう。
数年前に少しだけ話題になった 「インサイド・ルーウィン・ディヴィス (Inside Llewyn Davis) 」。1960年代前半に活況を呈したフォークリバイバルの震源地だったニューヨークのグリニッジビレッジの当時の様子を描いた映画です。

主人公のモデルは原作の自伝を書いたDave Van Ronk。デビュー前のBob Dylanの良き先輩でしたが、彼自身は成功とは遠い存在でした。監督がCohen兄弟だったこともあり、映画はそこそこ話題にはなっていましたが、Dave Van Ronkが好きでこの映画を観た人はほとんどいなかったんじゃないでしょうか。

ストーリー自体は大した盛り上がりもなく、Daveのうだつの上がらない様子が淡々と描かれているのですが、グリニッジビレッジのガスライトカフェや大物マネージャーAlbert Grossman等の当時のフォークシーンについてはかなりリアルに再現しているので、フォークファンには楽しめました。

で、この映画の見所というか聴き所は随所で演奏される音楽。音楽監督がT Bone Burnettなので抜かりありません。主人公役のOscar Isaccの歌声は若干本物よりも綺麗めですが、文句ない演奏を聴かせていました。また劇中登場していたPPMやClancy Brothers役の人達も見事なハーモニー。最後にDylan役が歌っていた”Farewell”については、サントラに未発表バージョンも収録されています。

 

HONDA GIORNO

IMG_1229

うちの嫁が急に原付が欲しいと言い出した。この春保険会社に転職をしたのだが、外回りの営業の足として必要なのだと言う。最初難色を示したが、私も二輪は嫌いではないので、結局2人で探すことに。どうせ乗るなら気に入るものにしたいと色々口出しして、ホンダのジョルノに決めた。

ジョルノが初めて発売されたのは1992年。当時高校生だった私は定番のホンダDio SRに乗っていたが、出たばかりのそいつは少し気になる存在だった。あの頃はこうしたレトロなフォルムのスクーターは、イタリアのVespaというのがあったが、国産では珍しかったのだ。

2011年式の中古。走行距離約1,700kmで10万ちょっと。茶色というのもレトロっぽくて良い。夏は暑かったが、涼しくなるこれからの季節には気持ち良いだろう。

ただやっぱり痛感してしまうのは50ccの車体の軽さと、ギアチェンジのないこと。中型に乗っていた身にはどうしても物足りない。うずうず。

Francis Dunnery 来日

Welcome to the Wild Country
Francis Dunnery
Aquarian Nation
2003-02-25


Francis Dunnery (フランシス・ダナリー) が来日する。と言っても反応する人がどれほどいるのか分からないが。80年代に活動したイギリスのプログレバンドIt Bitesのオリジナルフロントマンだ。89年の来日以来だから実に27年ぶりとなる。

Francis Dunneryはその来日の翌年に音楽的方向性の違いからバンドを脱退。そのためにバンドは解散を余儀なくされた。Francisは92年にソロアルバムを発表したが、その大陸的なハードロックは決して悪くはなかったものの、ファンとしては釈然としないものがあった。一方でバンド側は長い沈黙の後、2006年に新しいフロントマンを据えて再結成。2枚のアルバムを制作し来日もしている。

今回のFrancisのツアーはデビュー30周年ということで、It Bitesの楽曲をメインにプレイするらしい。だったら、せっかくなのだからバンドと合流すればいいのにとも思うが、結局はもう1人のキーマンだったキーボードのJohn Beckとの関係次第なのだろう。今後に期待しよう。

ちなみに久しぶりに写真を見たら、かつての爽やかなロングヘアは何処へやら、頭の寂しいおっさんが写っていて誰かと思ってしまった。時の流れは早いものだ(笑)


●"FRANCIS DUNNERY plays IT BITES" 
11月1日(火) 東京: TSUTAYA O-WEST 
11月2日(水) 東京: TSUTAYA O-WEST

●"ACOUSTIC NIGHT" 
11月3日(木・祝) 東京: 南青山MANDALA 



 

Amy Helm 「Didn't It Rain」 (2015)

ディドゥント・イット・レイン
エイミー・ヘルム
ビクターエンタテインメント
2015-09-16


1. Didn't It Rain
2. Rescue Me
3. Good News
4. Deep Water
5. Spend Our Last Dime
6. Sky's Falling
7. Gentling Me
8. Roll Away
9. Sing To Me
10.Roll The Stone
11.Heat Lightning
12.Wild Girl

故Levon HelmにはAmyという愛娘がいました。Levonの晩年のステージにはいつも彼女も一緒に上がりコーラスをしていました。これはそのAmy Helmのファーストソロアルバムです。

もっとも彼女はこの時点で44歳と決して若くはありません。これ以前にもOllabelleというトラディショナルグループで活動していましたが、それも割と最近の話。元々彼女が音楽活動を始めたのは、癌に倒れた父親をサポートしたことがきっかけのようです。

しかし彼女も才能あります。マンドリンを弾きながら父親に負けない位の歌唱力を聴かせ、収録曲もほとんど自作です (プロデュースしたベースのByron Isaacsとの共作ですが)。ロカビリーR&Rからカントリー、ブルースにゴスペル、様々な南部音楽が溶け合う様は正にThe Band。やはり流石Levonの娘です。

ゲストも豪華で、M3とM11ではLarry Campbell、M5とM6ではその奥さんTeresa Williams、そしてM6ではLittle FeatのBill Payneも参加しています。

目玉は何と言っても在りし日のLevonのプレイが聴けること。M5、M9、M11では彼の懐かしドラムサウンドが収められており、特にM5の冒頭では彼のカウントも聴けます。Levonが他界したのは2012年なので、かなり前からこの作品は製作していたようです。

ジャケットの写真を見ると目元が父親によく似ていますね。自分の亡き後を娘が立派に継いでくれた。父親してこんな嬉しいことはないでしょう。

 
Gallery
  • 娘と鍵盤
  • 風景印
  • 風景印
  • 風景印
  • 風景印
  • 浜田省吾 「旅するソングライター」 (2015)
  • John Wetton 逝去
  • John Wetton 逝去
  • The Police Live Report 2008
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments