「たゆたえども沈まず」

たゆたえども沈まず (幻冬舎文庫)
原田マハ
幻冬舎
2020-04-08


私は読書においては完全に文庫本派だ。持ち運びに便利だし、本棚でも場所を取らない。美術小説の第一人者 原田マハさんの本書は2017年の発刊以来ずっと待っていたのだが、この度ようやく文庫本化された。

表紙絵の通りこれはゴッホにまつわる小説である。19世紀のパリ美術界におけるジャポニズム旋風の一翼を担った日本美術商「若井・林商会」で働く加納重吉が1人目の主人公だ。彼は架空の人物だが、社長の林忠正は実在の人物であり、林の存在がこの小説執筆の動機となっている。

もう1人の主人公がグーピル商会の支配人としてブルジョワジー相手に美術商をしているテオドルス・ファン・ゴッホ。林忠正と重吉がこのテオに出会い、さらにそこに画家の兄フィンセントが登場し、4人が密接に絡みながら浮世絵や印象派という新しい時代の到来の中で奮闘する。

才能がありながらも売れない兄フィンセントと、それを献身的に支える弟テオ。悲劇的結末は不可避ながらも、そこに至る過程で林の助言や重吉の精神的支えがどれだけ大きかったかということをこの物語は描いている。

実際にはゴッホ兄弟と林商会との接点を示す証拠は存在しないのだが、つながりがあったはずだという推測のもとに小説は展開していく。そのリアリティ溢れる描写に読み手も引き込まれ、いつしか事実はきっとこうだったはずだと思わせる説得力がある。

もし悲劇が避けられたならどうなっていただろう。そんな物語も読んでみたいと思った。

陣馬山

IMG_1019

先月、緊急事態宣言解除を受けてひとまず近場の山を目指すことにした。陣馬山は高尾山から連なる山脈の奥に位置する人気の山で、山頂に有名な白い馬のモニュメントがある。当初高尾山からの縦走を考えていたが、山頂直下からサクっと登れるコースを発見してしまった。

IMG_0994
車道で行ける和田峠が今回の起点となる。峠の茶屋に駐車場代800円払わなければいけないが便利。

IMG_0996
緑の中の階段を20分ほど登ると

IMG_0997
すぐに山頂の草原が開けてきた。こんな楽で良いのだろうかと後ろめたく思ってしまうほどだ。

IMG_1003
陣馬山山頂(857m)に到着。これが見たかった白い馬。色々な角度から撮ってみたが、この向きが一番しっくりくる。

IMG_1010
山頂直下にある清水茶屋。暑かったので冷たい刺身こんにゃくと藤野ゆずシャーベットを頂いたが、これが最高に美味かった。

IMG_1008
山頂からは全方位の眺望も拝める。この日は富士山は見えなかったが、丹沢や奥多摩は良く見えた。今回は楽をし過ぎたので、いずれ縦走でまたここに来よう。

高幡不動尊

イメージ

東京都日野市の名所といえば高幡不動尊がある。正式名は高幡山明王院金剛寺。弘法大師(空海)を宗祖とする真言宗智山派の別格本山である。高幡不動は子供の頃から何度も行ってるが、特に6月の紫陽花で有名なので訪れてみた。

イメージ_1
室町時代に建立された仁王門は重要文化財に指定されている。左右の仁王様はどちらも白いマスクを着用していた。

イメージ_2
1335年建立の不動堂も重要文化財で、時折読経と太鼓の音が聴こえてくる。五重塔は最近の再建だが、遠くからでも見える不動尊のシンボルである。

イメージ_3
新選組の土方歳三は日野の出身であり、彼の菩提寺となっているため、銅像や慰霊碑が立っている。

イメージ (1)
奥殿には平安時代の丈六不動三尊(重要文化財)や、土方歳三の書簡など様々な貴重な寺宝が展示されている。

イメージ_1 (1)
境内の一番奥の大日堂では、鳴り龍や日本画家 後藤純男の襖絵なども観ることが出来る。

イメージ_2 (1)
境内には200種7500株の色とりどりの紫陽花が咲き乱れており、見事なものだった。

イメージ_3 (1)
特に多いのは山アジサイ。実は花びらに見える周りの部分はガクであり、中央の小さいのが花にあたる。

イメージ (2)
広い高幡山内は八十八ヶ所巡拝路になっており、88体のお地蔵さんがひたすら並んでいる。これを全部回ると結構なハイキングになった。

イメージ_1 (2)
高幡山頂は一帯が見渡せる見晴台になっている。中世の頃にはここに高幡城本丸があったと伝えられている。

どうやら今年に入って日野市の財政破綻が明らかになったらしいが、こうした市中の名所がもっと広くアピール出来たら良いのにと思う。

Neil Young 「Harvest」(1972)

ハーヴェスト
ニール・ヤング
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-11-11


1. Out On The Weekend
2. Harvest
3. A Man Needs a Maid
4. Heart of Gold
5. Are You Ready for the Country?
6. Old Man
7. There's a World
8. Alabama
19. The Needle and the Damage Done Live
10. Words (Between the Lines of Age)

アメリカが大変なことになっている。新型コロナウィルスの感染者は今日の時点で225万、死者は12万人。世界でも突出した数字となっている。PCR検査に必要な医療が発達していることもあるのだろうが、それにしてもという数字だ。

その渦中に起きた警察による黒人射殺と、それに対する未曾有の抗議デモの勃発だった。これまでも度々見てきた光景ではあるが、今回のデモは過去最大規模だという。その背景には分断を助長するようなトランプ大統領に対する抗議も相まって、多くの白人も参加しているからだろう。

私はこれまでこうした黒人差別事件が起きた際には、援護射撃の意味合いを込めて黒人音楽を取り上げてきたが、今回はあえて白人の音楽を取り上げたい。

1972年のNeil Youngの名盤「Harvest」に収録されている"Alabama"。当時黒人差別が目に余るアラバマ州を痛烈に批判した社会的メッセージの色濃い一曲である。

正直言うとこのアルバムのM3とM7で導入された大仰なストリングスはどうにも好きになれなかったが、それ以外は全て聴きものだ。朴訥としたアコースティックギターには物悲しさが、時折聴かせるエレキギターには突き刺すような情念が込められている。特にM4、M8、M10は名曲である。

全米に広がったデモはコロナの感染をさらに広げるだろう。いずれ私はシアトルに住む親戚を訪ねて行きたいと思っていたが、果たしてそんな日は来るのだろうか。もっとも例えコロナが終息してももはやトランプの在任中は行きたいとは思えないが。


「武蔵野の日々」

musashino

Ⅰ散歩から
  魅力
  光華殿の一夜
  平林寺
  流れ
  六郷用水
  泉の四季
  野の寺
  釣鐘池
  夏の終わり
  並木の村
Ⅱ木立のほとり
  生誕
  嵐の翌日
  けやき
  公園道路第一号
  むぎかり唄
  金色の夕
  野の墓地
  お祭
  酒場の詩
Ⅲ本棚から
  河畔の万葉歌碑
  武蔵野の文学
  独歩と武蔵野
  蘆花とみすずのたはごと
  地名考むさし野
  むらさき探訪

東京都の中央部、清瀬から世田谷あたりは昔から武蔵野と呼ばれていた。この地域の興趣は万葉集の時代から多くの文学や美術に著されている。しかし戦後の高度経済成長期における開発により、今やその面影はほとんど残されていない。本書は失われる直前の武蔵野の姿を伝える貴重な記録である。

1962年、著者は国木田独歩や徳冨蘆花に感銘を受け狛江市に移住する。そこで技術者として勤続する傍ら、休みの日は武蔵野の地をくまなく歩き続けた。ケヤキや樫の林と野と田畑が交互に広がり、その合間を谷や川が走る。そしてそこに農家や民家の村や町が点在する。秋の麦畑で刈り入れる農夫。木陰の泉で野菜を洗う老婆。色鮮やかな自然と素朴な人々の生活が溶け合う。こうした牧歌的な風景が紀行文、エッセイ、詩、写真といった様々な表現を通じて情感豊かに綴られている。

さらに著者は古典から近代にかけての武蔵野にまつわる文学研究や、武蔵野という地名の由来の考察、かつて自生していたという名草むらさきによる染め物の研究など、多角的な検証も行っている。実際に染めた紫の片布も挿し挟む遊び心も趣深い。

実はこの著者が今のギャラリーコンティーナの社長さんである。川崎の森のギャラリーが2018年の暮れに閉館したが、昨秋にめでたく横浜市青葉区で復活された。今春に武蔵野をテーマにした絵画展を開催されていて、その際にこの著書を貸して下さった。1967年に自費出版された本書は既に絶版だが、実に武蔵野愛に溢れる名著だった。私の美術の先生は武蔵野の先生でもあったのだった。

夜叉神峠

緊急事態宣言が出される前の3月下旬に夜叉神峠へ登っていたのだが、宣言発令後は山行記録をアップするのも躊躇われていた。ようやく宣言解除となったのでアップする。

イメージ

都内にある私の勤め先のビルの屋上からは、冬の晴れた日には南アルプスも拝むことが出来るのだが、春になるにつれ空気が霞み見えなくなってしまった。雪化粧をした南アルプスの白峰三山を間近で見たくなり、山梨の夜叉神峠へ登ることにした。

イメージ_1
向かう途中の山肌に春らしくポツポツと桜が咲いていた。街中の並木や公園の桜よりも、こうした自然の桜の方が断然良い。

イメージ_2
芦安にある南アルプス芦安山岳館に立ち寄ろうと思っていたのだが、残念ながらコロナ の影響で休館だった。

イメージ_3
南アルプスの入口である夜叉神トンネルは冬季閉鎖中。ここから登山開始。

image1
約1時間ほどの急登。振り返ると遠くに甲府盆地が広がっていた。

イメージ (1)
ほどなく夜叉神峠(1,770m)に到着。まだ残雪のある峠からは絶景が広がっていた。

イメージ_1 (1)
右から北岳(3,193m)・間ノ岳(3,190m)・農鳥岳(3,026m)。国内標高第2位と第3位が連なる様は見事。いつかあの稜線を歩きたいものだ。

イメージ (2)
麓の御勅使川の氾濫を繰り返す夜叉神の怒りを鎮めるために建てられたという石の祠。

イメージ_1 (2)
芦安には食べるところがどこにもなかったため、街中まで降りて山梨名物ほうとうを食して帰った。

ブルーインパルス

blue

最近出勤時のランチは店内や社内で食べたくないので、会社のビルの屋上でテイクアウトの弁当を食べるようにしている。天気の良い日は丹沢や富士山、奥多摩の山々が見えるので、私のお気に入りの場所だ。古いビルなので屋上があるのだが、今時は珍しいようだ。

先週の金曜日もいつものように昼に屋上に上がったところ、いつもまばらにしか人がいないはずが、この日は大勢の人だかりが集まっていて、皆がしきりに空を見上げていた。カメラを構えている人も多い。

一体何が始まるんだろうといぶかりながら弁当を開いていたところ、真っ青に晴れ渡る空を北側から5本の白い噴煙を伸ばしながらブルーインパルスが隊列を組んで飛んできた。急いで私もスマホを構えて撮影した。

噴煙は5本だが、先行している機体を含めて6機。そして良く見るとその横にもう1機並走している。ビルの真上を通過していき、南の方で旋回してから西側を北上して行った後で、もう1回頭上を飛んできた。あんなにお互いに近い距離で隊列を保ったまま飛行を続けるのは、相当な熟練のパイロットでなければ出来ない技だろう。

どうやらこの日、航空自衛隊が医療従事者に対する感謝を示すことを目的として実施したようだった。私は全く知らなかったが、思わぬ航空ショーを目の当たりにして元気をもらった。ありがとうございました。

来年は五輪の輪を見ることができるだろうか。


平山季重公を訪ねて

イメージ (1)

最近は外出自粛によりあまり出掛けることが出来ないので、近所の散歩くらいで我慢をせざるを得ない。しかし私が今住んでいる日野市平山という地域は歴史も自然も豊かであり、徒歩圏内でも結構見所はある。そもそもこの地名は、平安時代末期の源平合戦で活躍した武将 平山季重公に由来する。今回はその季重公を訪ねる散策をしてみた。

イメージ_1
起点は京王線平山城址公園駅。ここにかつて季重公の居館があったということで居館跡碑と季重公霊地碑が立っている。

イメージ_2
同じ駅前にある平山季重ふれあい館。季重公についてのパネル展示があり、併設の平山図書館には多く資料が所蔵されている。

イメージ_3
駅前から数分歩くと宗印寺という立派な寺がある。ここに平山季重墓があり、東京都の旧跡に指定されている。

イメージ_4
またこの宗印寺の境内には季重公の木造座像も鎮座している。源氏勢で戦功を収めたが、晩年は仏門に帰依したらしい。

イメージ (2)
宗印寺の脇から多摩丘陵の山道を登っていく。コナラの新緑やウグイス・ガビチョウ等の小鳥のさえずりが気持ち良い。

イメージ_1 (1)
しばらく登ると急に展望が開ける。日野や八王子の街並の向こうには、富士山や奥多摩の山並みが広がる。

イメージ (3)
さらに山道を登る。稜線に出るとそこにひっそりと平山季重神社が立っていた。小さいが趣き深い山社だ。

イメージ_1 (2)
この先に都立平山城祉公園がある。季重公の見張所があったらしいが、今は特に城跡は残っていない。

イメージ (4)
ただ結構広い自然公園で、園内には季節によって桜やコブシ、レンギョウにヤマツツジなど様々な花が楽しめる。多摩丘陵の稜線を辿れば南平や高幡不動まで行くことも出来るので、一日楽しむこともできるだろう。

ガビチョウ

イメージ

先週は愛鳥週間だったらしい。外出自粛により家にいる時間が増えたことで色々な発見もあり、鳥の鳴き声もその1つだった。

家が多摩丘陵に近いこともあり、毎日とにかく様々な鳥の鳴き声が聞こえてくる。スズメ、ヤマバト、ウグイス、カラスの鳴き声はすぐ分かる。「ツピーツピー」はシジュウカラ、「ヒョヒョヒョヒョ」はホトトギスだということも分かったが、他にもまだ何の鳥だが分からない鳴き声が沢山聞こえてくる。

どうやら各鳥はさえずり以外にも地鳴きというものも持っているらしい。例えばシジュウカラは先のさえずりの他に「チチチチ」など様々な地鳴きを持っている。さらにウグイスには谷渡りという鳴き方もあり、「ホーホケキョ」の後の「ケキョケキョ」というのがそれらしい。

そうした様々な鳴き声の中で、いつも一際異彩を放つさえずりが聞こえてくる。甲高い大きな声で、聞いていると次々とさえずりが変化してくる。数えていると20種類をゆうに超えた。中にはウグイスやセミの物真似みたいなものもある。まるで壊れた蓄音機のようだ。一体あの鳥は何なんだと思い、調べたところガビチョウ(画眉鳥)ということが分かった。

茶色くズングリムックリした体型で愛嬌がある。体型のせいか高い木の梢ではなく、笹薮の中などにいることが多く、なかなか見つけ辛い。お陰で撮影にも苦労した。どうやら元々は中国の鳥らしく、飼われていたものがあまりにやかましくて飼い主に捨てられ、それが野生化して繁殖したようだ。

ここ日本ではこと外来種は敵視されがちだ。またウィルス蔓延の最中、中国に対しては色々思うところもある。しかし鳥には何の罪もないだろう。そんなことを考えながらさえずりを聞いていた愛鳥週間だった。


「I am Sam Original Soundtrack」John Powell (2002)

アイ・アム・サム【UHQCD】
ジョン・パウエル
Rambling RECORDS
2018-03-07


1. Starbucks & Hospital
2. It's OK Daddy
3. Sam's Friends
4. Reading Together
5. At The Park
6. The Birthday Party
7. Rita
8. Sam Visits Lucy
9. Buying Shoes
10. Lucy Runs And Sam Loses
11. Annie's Father
12. Making Coffee
13. Kramer v. Kramer
14. Torn Away
15. Lucy Paints, Sam Makes Origami
16. Lucy, Calm Down
17. Nighttime Visit
18. I'm Getting More From This
19. On The Stairs

せっかくのゴールデンウィークも外出自粛のため、久しぶりに自宅で映画を観ていた。昔は毎週1本は欠かさないほど映画好きだったが、最近はほとんど観ていなかった。今日は私の中で泣ける映画ランキングベスト3に入る名作を取り上げたい。

知的障害者であるSamと、7歳の娘Lucy。養育能力を疑われ引き離される2人が、周囲の助けを得ながらお互いを取り戻そうとするドラマ。主演のSean Pennの演技は素晴らしく、子役のDacota Fanningもこの頃は本当に可愛かった。 (後年の「ランナウェイズ」での変わりようには驚かされた。。)

初めて観た時はまだ独身だったが、実際に娘を持つ父親になってから改めて観るとより泣ける。子供にとって何が一番大切なのか。障害の有無に関わらず、子供に対してどれだけ愛情を伝えることができているか。感動と同時に色々考えさせられた。

ちなみに一番好きなシーンはLucyがSamと面会した際に観察官に対して言ったセリフ。”Did you hear that !? I said I was sorry ! I said I don't want any daddy but him ! Why don't you write that down ! ” ここは決壊必至なので、人前では観られない。

この映画は音楽も聴きものだ。SamがThe  Beatles好きなため、娘の名前もLucy Diamond。そしてバックにも随所にBeatlesナンバーが流れる。どれもカヴァーなのだが、各アーティストがそれぞれ個性的に表現していてサントラを聴くだけでも楽しめる。

しかし私が最も好きなのは、実はもう1つのインストの方のスコアサントラ。この制作は映画音楽家John Powellによるもので、全編に渡り非常に爽やかなアコースティック作品になっている。明るい場面では軽快なリズムで、悲しい場面ではしんみりと奏でられるが、仮に映画を観ていなくても癒しの1枚として充分重宝すると思う。映画と音楽の理想的な共演である。

 
Gallery
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 陣馬山
  • 高幡不動尊
  • 高幡不動尊
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments