セントパトリック・クラフトフェスティバル

IMG_1528 IMG_1542
相模原の米軍施設 相模デポで行われた「セントパトリック・クラフトフェスティバル」に娘と行ってきました。今年は日本アイルランド交流60周年ということで、アイルランド大使館後援で初開催。セントパトリックのフェスは代々木公園でもありましたが、今回はこちらへ。普段は入れない場所というのもありましたが、目当ては世界各国100種近くのクラフトビールの数々。

IMG_1529 IMG_1531
で、私が呑みたかったのは、やっぱりアイルランドのビール。ここはあえてギネスではなく普段呑めないキルケニーを。コクのあるレッドエールビールを、フィッシュ&チップスと一緒に堪能。

IMG_1535 IMG_1536
続いてセントパトリックディ限定のグリーンビール。ブルーキュラソーを混ぜて緑色にしているそうです。今度のお伴はビーフステーキ丼(呑み食いばっかだな)。

IMG_1533a IMG_1540
ちなみにこの日は皆一斉に緑色をまとうことになっているので、娘は黄緑、私はモスグリーンを着ています。キッズアトラクションも結構充実していました(全部有料でしたが)。

IMG_1538 IMG_1543
もう1つの目当てがステージだったのですが、早い時間だったからか若干寂しめ。なぜかメキシカンバンドが多かった。でもアイリッシュダンスもあったし、最初のバンドはThin Lizzyの"Call The Police"なんかも演っていました。もっと遅い時間までいられればアメリカ陸軍軍楽隊の演奏も見られたのに残念。また来年かな。

Phil Lynottとアイルランド

lynott

今日は私の好きなアイルランドの英雄Phil Lynott(フィル・ライノット)について取り上げてみます。

彼は1949年8月20日イギリスのバーミンガム近郊で、アイルランド人の母親とブラジル人兵士の父親の間に生まれました。しかしすぐに帰国してしまった父親の顔を見ることはなく、肌の色の違いから差別も受けます。その後祖父母のいるアイルランドのダブリンに移り、そこでアイルランド人としてのアイデンティティを強く持つに至ります。

ダブリンで彼は伝承曲を始めとする様々な音楽的影響を受けるとともに、詩作にも目覚めます。それらを元に自己表現として自身のバンドThin Lizzyを結成するに至ります。

彼の作る音楽は、フォークロック、ファンク、ハードロック、エレクトロポップなど、時代とともに様々に変化しましたが、そうした中でアイルランドの伝承曲のメロディを取り入れたものが多くありました。また詩作の面でも、祖国への想いを編んだものも少なくありません。今日はそんな彼のアイルランドに因んだ曲を10曲取り上げてみます。

Whiskey In The Jar (1972)
アイルランド伝承歌をアレンジした曲。バンドとして初めてのシングルヒット

Eire (1971)
中世の頃に侵略してきたイギリス軍と戦ったアイルランドのオドネル卿について綴った叙事詩

Dublin (1971)
故郷ダブリンを離れる時の寂寥の想いを綴った短い叙情詩

The Rise and Dear Demise of the Funky Nomadic Tribes (1972)
タイトル通り中世にアイルランドに侵略したノルマン民族の興亡を綴った長尺ファンク曲

Sarah - version 1 (1972)
祖母に宛てた曲で、後年のものとは同名異曲。美しいピアノは同郷のClodagh Simonds。

Philomena (1974)
こちらは母親に宛てた曲で、タイトルは母親の名前。ギターリフはケルト旋律を奏でている。

Emerald (1976)
エメラルドとはアイルランドのこと。これも中世における英軍侵略の様子が描かれ、このギターリフもケルト音階

Fools Gold (1976)
19世紀半ばのアイルランド大飢饉についての曲。この時に餓死や国外流出で国民の2/3を失った

Roisin Dubh (Black Rose) A Rock Legend (1979)
代表曲の1つ。Danny BoyやShenandoahなどの伝承曲を交えながら、祖国の歴史を俯瞰する一大絵巻

Cathleen (1982)
愛娘に向けて歌った曲。美しいアイルランドの少女という副題が付いている

 

温かみが感じられる曲調や歌詞、そして低い歌声が好きでした。1986年1月4日、ドラッグのオーバードーズにより他界。ダブリン郊外に埋葬され、街の中心部には彼の銅像が建てられています。いつか墓参りにダブリンに行きたいと思っています。

アイルランドの名盤10選

eire

毎年3月17日はセントパトリックデイ。アイルランドに初めてキリスト教を伝播したカトリック牧師を祝したアイルランドの記念日で、本国を始め移民の多い各国で祝われます。

アイルランドは元々は自然信仰の国であり、伝播されたキリスト教もその自然信仰と融合したことで、この国に浸透しました。豊かな自然と、2000年のケルト文化を受け継ぐ伝統のある国です。

この国の魅力は色々あるのですが、特に人を魅了するのが音楽です。様々な固有の楽器で、陽気さと哀愁を併せ持つメロディを奏でるそれはケルト音楽とも呼ばれます。アメリカのカントリーに与えた影響も大きく、カントリーが後のロックンロールに発展したことを考えると、その影響の大きさも分かるでしょう。

今日はそんなアイルランドのミュージシャン達の名盤を選んでみました。ただ奥が深いので、ここではあくまでもポピュラーミュージックにおける有名どころのみを並べています。

The Clancy Brothers & Tommy Makem 「The Clancy Brothers & Tommy Makem」 (1961)
clancy
ニューヨークへ渡った移民達の粗野だが温かみのあるフォークソング集。Bob Dylanにも影響を与えた。
 
Van Morrison 「Astral Weeks」 (1968)
van
孤高の大音楽家。88年のThe Chieftainsとの合作「Irish Heartbeat」も傑作。

The Chieftains 「8」 (1978)
chief
Paddy Moloney率いるアイルランドの至宝。半世紀以上にわたり様々な形で伝統音楽の普及を続けている。

Thin Lizzy 「Black Rose」(1979)
lizzy
ダブリン出身のPhil Lynott率いたハードロックバンド。多くの祖国に因んだ曲の中でもタイトル曲は有名。

U2 「War」 (1983)
u2
アイルランド史上最も世界的に成功したロックバンド。社会活動にも積極的で影響力も大きい。

Gary Moore 「Wild Frontier」 (1987)
gary
Thin Lizzyにも在籍した名ギタリスト。親友Phil他界後に制作した本作は祖国色が強い。

The Pogues 「If I Should Fall From Grace With God」 (1988)
pogues 
アイリッシュトラッドにパンクを足したら飛びきりカッコ良くて楽しい音楽が誕生した。最高。

Enya 「Watermark」 (1988)
enya
世界的にケルトブームを巻き起こした立役者。多重録音による荘厳な音像は単なるヒーリングに非ず。

Altan 「Harvest Storm」(1992)
altan
こちらも伝統音楽を脈々と受け継ぐグループ。ゲール語で歌うMaireadの澄んだ歌声が心地良い。

The Corrs 「The Corrs」 (1995)
corrs
世界的な成功を収めた姉妹4人組。優れたポップソングの中で踊るフィドルが良い。

娘と鍵盤

IMG_1520b

最近娘はよくキーボードを弾いて遊んでいる。昨年の誕生日に楽譜と一緒に与えてみたのだが、思いの外楽しんでいるようだ。

別にキーボードも新品ではなく、私が昔使っていた後に長い間教え子に貸していたもの。それでも2オクターブしかなかったオモチャのピアノよりはよっぽど良い。

昔から娘は出来ないとすぐに投げ出すので、全く上達しなかった。なので、今回は全ての鍵盤に音階のシールを貼り、楽譜も音符に全て音階が書いてあるものを探してきた。これが功を奏したようで、楽譜に載っている曲を次々とマスターしていくのは、本人も見ているこっちも面白い。

先日はしつこく呼ぶので行ってみたら、自分で曲を作ったと言う。弾き始めたのを見ると、右手は2本指で和音を奏で、左手も1本だが伴奏もついている。なかなか綺麗で音色の可愛い主旋律があり、そこに何度も戻るのだが、その間は決まっていないらしく、ジャズっぽくインプロで自由に舞い踊っている。思わずビデオを回してしまった。

将来は第2の上原ひろみになる可能性もゼロではない。ちょっとバークレーの願書でも取り寄せるか。

風景印

01shikine

昨年の夏から風景印を集め始めました。夏休みに家族で式根島に行った際に、何か旅の記録として残せるものはないかと考えた時に、子供の頃に集めていたのを思い出しました。それ以来、休みの日にちょこちょこと集めるようになり、先日ようやく100ヶ所目となりました。

風景印とは、全国の郵便局がそれぞれの土地の風景や名物などをデザインした消印のこと。基本的に全てデザインが異なり、それぞれの局でしか手に入らないので、収集癖を煽られます。ただし集配局以外の局は平日しか営業していないので、なかなか集め辛い。たまに出張や旅行で地方に行くこともあるのだが、いかんせんこのために廻るような時間もあるわけない。昔学生の頃などに松本や札幌に住んでいた時にはいくらでも時間があったのに、興味のなかった当時の自分が恨めしい。

この風景印、現行のものだけでも約12,000種あるのですが、時代を遡るとさらに奥が深い。例えば上の式根島局の風景印、これは1959年から使われていましたが、行った翌月にデザイン変更されたため、既に過去のものとなっています。風景印はこのように時代とともにデザインは変更されており、戦前のものも含めるとその数はさらに数千種追加されます。

知っている土地、知らない土地での新しい発見や優しい局員さんの気遣いなどが、次のさすらいへと誘います。この終わりのないスタンプラリー、一体どこまで続くのか自分でもよく分かりません。

02hakone 03yokohama 04asakusa

浜田省吾 「旅するソングライター」 (2015)

~Journey of a Songwriter ~~ 旅するソングライター (期間生産限定盤)~
浜田省吾
ソニー・ミュージックレーベルズ
2015-04-29


1. 光の糸
2. 旅するソングライター
3. きっと明日
4. マグノリアの小径
5. 美しい一夜
6. サンシャイン・クリスマスソング
7. 五月の絵画
8. 瓶につめたラブレター
9. ハッピー・バースデイソング
10. 夢のつづき
11. 夜はこれから
12. 恋する気分
13. 永遠のワルツ
14. アジアの風 青空 祈り part-1 風
15. アジアの風 青空 祈り part-2 青空
16. アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
17. 誓い

Shazamというスマホのアプリを会社の後輩に教えてもらった。流れている曲が何というアーティストのものなのかを教えてくれるもので、かなり重宝している。先日も聴こえていた邦楽を聞き覚えのある声だなと思いShazamしてみたところ、浜田省吾の”旅するソングライター”と出てきた。

ハマショーは80年代の代表曲を少しだけ知っている程度だったので、これも昔の曲なのかなと思ったら、2015年にリリースされた新曲だった。10年振りのアルバムだったらしいが、失礼ながら未だ現役とは知らなかった。気になったのでアルバムを探して聴いて以来ずっとこればっかり聴いている。

もう彼も還暦過ぎらしいが、未だにグラサンをかけていて若々しい。そして何よりこの音楽が若い。M1冒頭から小気味良いロックサウンドに乗って爽やかな叫び声が伸びる。タイトルソングM2ではレゲエのリズムに乗って軽やかに世界をさすらう。M4の綺麗なコーラスハーモニーは完全にBeach Boysへのオマージュ。自立していく子供達に歌うM10には同じ父親として共感するし、妙にエロティックなダンスチューンのM11には驚く。どの曲も煌びやかメロディも持った懐かしさを覚える曲調で、あえての日本語歌詞もすんなり入ってくる。

と、かなり楽しみながら聴き進めていたが、どれもメジャーコードで非常にポジティブな楽曲が続いていたので、このまま終わったら少し物足りないなと思っていたところに流れてきたのが組曲M14~16だった。メランコリックなピアノに導かれる兵士への鎮魂歌M14。それまでになかった曲調のハードなロックナンバーM15では「あまりに尊い犠牲を払った。充分過ぎるほど学んだ。違うか」と歌われ、M16では物哀しいギターソロから壮大なオーケストラへ。これはこの国や地域の将来を憂う反戦歌であって、それまでのポジティブさもその裏返しだったのだろう。もう文句をつけるところはありません。


John Wetton 逝去

wetton

先日1月31日、今度はJohn Wettonが亡くなってしまいました。享年67歳でした。

後年はAsiaの活動歴が長いですが、Family、King Crimson、UKを始め、Roxy Music、Uriah Heep、Wishbone Ashなど非常に多くのバンドで活躍していました。彼はボーカルとベース以外にも、ギターやキーボードまで弾けるマルチプレイヤーで、曲も書ける。きっと誰もが欲しがる存在だったのでしょう。個人的に最も思い入れの強いのはやっぱりKing Crimson期。彼がいなければ70年代Crimsonもなかったと思います。

それにしても、Chris Squire、Keith Emerson、Greg Lake…、プログレの黄金時代が幕を閉じようとしているようです。

RIP

 

The Police Live Report 2008

police

懐かしくなったので以前の来日公演のレポートを引っ張り出してきたみた。早いものでもう9年前になる。

-------------------------------------------------------------------

2008.02.14 @ 東京ドーム

こんな日が来るとは思わなかった。まさか再結成するなんて、生きていればいい事があるものである。。
数年前にMaxeenというバンドのライブを見た時に、The Policeの影響を強く感じながらも、その本家のライブを見ることなどもう叶うはずがないと思っていた。無理もない。84年のツアーを最後に彼らは解散していた。StingとStewartの仲の悪さは有名であり、何時の世界的再結成ブームも彼らを動かすことはなかった。だから今回の気まぐれによる再結成は、願ってもいない出来事であった。

今回の公演にはプレミアム席という設定があり、発売当初からこれ以外考えていなかった。東京ドームの巨大さには既に幻滅しており、中途半端なスタンド席で何も見えずノリ切れずに、欲求不満の不完全燃焼で終わりたくはなかった。また来日する可能性があるアーチストならいざ知らず、今回はThe Policeである。次はまずない。しかしこのプレミアム席、何気に大人気で発売直後に完売。仕方なく慣れないヤフオクで漁り続たが、ある気の良い方からほぼ定価で譲って頂き、何とか公演前日にチケットを手にすることができた。

例によって仕事を早めに切り上げ、水道橋へと急ぐ。入場した時にはStingの息子の前座バンドFiction Planeの演奏が既に始まっていた。息子バンドはなかなか好演していた。顔も声も父親に似ていたが、10分近い大曲を演ったり独自性を出そうとしていた。日本語も上手かった。きっとこの来日で新規ファンをいくらか獲得できたことだろう。

私の席はアリーナB14ブロック。ステージ前から2ブロック目であった。プレミアム席ということで、ステージからは50メートル位の距離だった。アリーナの後方やスタンド席に比べれば格段に近い席である。オーディエンスは30~40代が多かったようだが、棒立ちしている者も多く、ノリはイマイチに感じられた。最も惜しむべくは私の前に立ちはだかっていた185はある外国人だった。私の視界のほとんどを終始遮っていてくれていたので、私は何とかスクリーンではなく彼らの生の姿を見ようと、右へ左へ体を動かしながらステージを追いかけた。

Stewartは白髪が交じりつつも、「Ghost In Machine」のタイトなTシャツで若々しい.印象を受けられた。さらに若々しいのはStingで、袖無し黒Tで依然ムキムキの上腕二頭筋を見せつけていた。Andyはちょっと親父臭い赤い柄シャツだったが、彼は今65歳。その年でワールドツアーを行っているだけでも驚異的である。今回のツアーはこの3人のみ。Synchronicityツアーの際はバックコーラスの女性シンガーなどがいたが、今回はサポートメンバーが一切いない。原点回帰の意味合いもあろうが、単純に自分たちのアンサンブルだけで勝負できるという自信の表れでもあろう。

Stingは今日も古いプレシジョンを持っていた。禿げて年季の入った木目のそれは、The Police現役時代からの愛用のものである。ベキベキいうベース音は全体のサウンドの中で強く主張していたし、時折聴かせる重低音は腹まで響き、個人的に非常に堪能させてもらった。またStingはキーをほとんど変えていなかった。原曲のキーをキープして圧倒的な声量で歌い続け、最後までオーディエンスを落胆させることはなかった。これは解散後もずっとソロとして第一線を走り続けてきた彼の強みだろう。"Don't Stand So Close To Me"を演奏し始める前に「私は昔教師だったんだよ。」と言っていたが、そんなことはここにいる皆が知っているだろう。

また今回個人的に感心させられたのはAndyである。Andyの黒テレキャスターもSting同様昔から愛用のものだ。後半は赤のストラトに持ち替えていたが。ステージアクションも少なくステージ右手か中央で黙々とプレイしていたが、その流麗な指さばきは見る者を魅了していた。特に"When The Wall Is Running Down"のアップテンポな中間アレンジパートでStingと絡みながらのプレイは圧倒的だった。

ヒット曲の多い彼らのライブはまさにグレイテストヒッツだった。しかし慣れ親しんでいたはずの楽曲群は、迫力ある演奏とアレンジにより、どの曲も原曲より遥かにカッコよかった。特に"Driven To Tears"などは新しい発見があったし、"Every Thing She Does Is Magic"は名曲であるということを今回改めて知ることとなった。"Walking In Your Footstep"は大阪でもやらなかった曲だったが、この日は演ってくれていた。"Wrapped Around Your Finger"同様Stewartがパーカッションをせわしなく操り、アレンジを変え、バックには迫力ある恐竜の映像が流れ、予想以上にカッコよかった。

唯一ガッカリしたのは"Reggata De Blanc"でのコールレスポンスがなかったことである。これを楽しみにしていたのだが、Stingが一人でワンコーラス歌ったのみで"Can't Stand Losing You"に戻ってしまっていた。大阪と東京初日で反応が薄かったせいだろうか。レパートリー中全体的にもC&Rはやはり少なかったが、これは残念だった。

初期の名曲"Roxanne"で最高潮に盛り上がり本編終了。アンコールは名曲が続く。後期の"King Of Pain"の次は最初期のアップテンポな"So Lonely"。"Welcome to Andy Summers show ~♪"と変えていたが、反応は少なかった。そして"Every Breath You Take"。これは私が彼らを知った名曲。ストーカーソングとして有名であるが、私にとっては永遠のラブソングである。シンプルなバンド編成は、この曲が持つメロディの良さを引き立たせていた。ここで泣いている人も多かった。

アンコールが終わるとステージに一人残ったAndyが、おどけて笑いを誘う。そして人差し指を立てて、もう一曲だよとアピールすると客席は歓喜に包まれた。そしてこれも最初期の"Next To You"で大団円は終了した。

セットリストに関しては、ここまでグレイテストヒッツなライブだとあまり文句もない。欲を言えば"Be My Girl - Sally"、"Omegaman"、"Spirits In A Material World"、"Synchronicity Ⅰ"あたりも聞いてみたかった気もする。いずれにせよ今回の来日公演、その年齢を全く感じさせない熱の入ったものであり、往年と比較しても遜色のない、またはそれ以上の素晴らしいものであったと思えた。

Setlist
1. Message in a Bottle 
2. Synchronicity II 
3. Walking On The Moon 
4. Voices Inside My Head 
5. When The World Is Running Down 
6. Don't Stand So Close To Me 
7. Driven To Tears 
8. Hole In My Life 
9. Every Little Thing She Does Is Magic 
10. Wrapped Around Your Finger 
11. De Do Do Do De Da Da Da 
12. Invisible Sun 
13. Walking In Your Footstep
14. Can't Stand Losing You  ~Reggata De Blanc
15. Roxanne 
~Encore 1~
16. King Of Pain 
17. So Lonely 
18. Every Breath You Take 
~Encore 2~
19. Next To You 

 

The Police 「Outlandos d'Amour」 (1978)

アウトランドス・ダムール
ポリス
ユニバーサル ミュージック
2014-11-26


1. Next To You
2. So Lonely
3. Roxanne
4. Hole In My Life
5. Peanuts
6. Can't Stand Losing You
7. Truth Hits Everybody
8. Born In The 50's
9. Be My Girl - Sally
10. Masoko Tanga

Stingが一番ロックしている頃を聴きたくなって、最近はこのアルバムをよく聴いている。The Policeの1978年のデビューアルバム。

私が初めてThe Policeを聞いたのは解散後の80年代後半。TVKで放送していたBillboard Top40のYester Hitsで”Every Breath You Take”が流れていて、AndyのギターフレーズとStingのウッドベースが強く印象に残った。その後遡って聴いていき、最終的にこのデビューアルバムに辿り着いた。

高校教師をしながらジャズバンドでベースを弾いていたSting。Animalsなどに在籍し60年代からシーンで活躍していたギタリストAndy Summers。プログレバンドCurved Airでドラムを叩いていたStewart Copeland。この3人が出会いトリオバンドを結成するのだが、これが結果的に最小にして最強の組み合わせとなる。

時代はパンクムーブメントの真っ只中。このアルバムでもM1やM5、M7のように荒削りでパンキッシュな勢いのある曲もある。ただある意味これは彼らにとっては注目を集めるための戦略的なものだった。実際彼らは音楽キャリアも長く、演奏力も他のパンクバンドとは段違いだった。また彼らがここで追求していたのはレゲエであり、M3やM6のリズムに顕著に現れている他、M2のコード進行もBob Marleyの”No Woman No Cry”に由来していた。

この後彼らは世界的な大成功を収める一方で、短い期間の中で急速に音楽性を拡散させていった末、トリオとしての臨界点に至った84年に解散してしまう。その後はそれぞれソロ活動を始める。

特にStingとStewartの不仲は有名だったので再結成はあり得ないと思っていたのだが、2007年にワールドツアーが組まれた時は狂喜した。もう10年ほど前になるが、未だにドームであの3人の熱演を観たことが信じられないでいる。

 

Sting 「57th & 9th」 (2016)

ニューヨーク9番街57丁目
スティング
ユニバーサル ミュージック
2016-11-11


1. I Can’t Stop Thinking About You
2. 50,000
3. Down, Down, Down
4. One Fine Day
5. Pretty Young Soldier
6. Petrol Head
7. Heading South On The Great North Road
8. If You Can’t Love Me
9. Inshallah
10. The Empty Chair
 
昨年末プロモーションのために来日をしていたらしく、色々音楽番組に出演しているのを目にした。彼も今や65歳、先日は初孫も産まれておじいちゃんになったらしいのだが、未だにムキムキしていて若々しいのには驚いた。

そんな彼の新作、元々気にしていなかったのだが、これが17年振りのロックアルバムだというので、思わず買ってしまった。これが思いの外良かった。まず冒頭M1の小気味良いロックサウンドに「おぉ」となる。近作のクラシックやトラディショナルな作風も嫌いではなかったが、やっぱりこうした彼のロックは嬉しい。ハードに攻めるM6や、シリアスな焦燥感が堪らないM8も出色の出来だ。一方で優しげなM4や、アコースティック弾き語りのM7やM10もあったり、曲質の高いバラエティのある楽曲が揃っているが、全体的にはやはりロックアルバムという聴後感が残る。

ボートラでは収録曲の別バージョンと一緒にThe Policeの最初期曲”Next To You”のライブも聴けた。2007-08年のThe Police再結成ツアーの後、ロックから遠ざかっていた彼がまた再びロックモードになっている。6月には来日公演も決まっているらしい。

 
Gallery
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
  • セントパトリック・クラフトフェスティバル
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments