「白旗史朗 フジクロームで描く美しき日本の屋根」

shiro

六本木のフジフィルムスクエア開館十周年記念企画の第3弾として、今度は「日本山岳写真界の至宝・白旗史朗  フジクロームで描く美しき日本の屋根」が開催されていました。

タイトルの通り白旗氏は日本を代表する山岳写真家です。私の中でも、昔実家で氏の直筆サイン入り写真集を見て以来、山岳写真家=白旗史朗という強いイメージがあります。

国内外の多くの山の作品がある中で、今回は南・中央・北アルプスの作品約40点が展示されていました。残雪の春山、野花の夏山、紅葉の秋山、吹雪の冬山、四季折々の様々な色に彩られた美しい日本アルプスの山々の一枚一枚に、思わず感嘆の声を上げながら観入ってしまいました。場内には愛用されていたかなり旧式のカメラも展示されていましたが、この重いカメラや機材を持って厳冬の雪山を登り、シャッタータイミングを待ち続けるのを想像すると頭が下がります。

中でも氏の真骨頂は、南アルプスから捉えた霊峰富士。このテーマでは数多くの作品が発表されていますが、本展でもいくつか展示されていました。中でも千枚岳からオレンジ色の朝焼けを撮った「明け初めし中に」と、ピンクの夕暮れと満月を捉えた「富士に満月登る」は絶品でした。

そもそも富士山は撮る場所によって山様が全く変わります。私も毎朝最寄駅までの道中に拝んでいますが、神奈川から観る富士は朝焼けに白い山頂が映える一方、夕焼けは逆光になります。しかし南アルプスからは夕暮れでも山肌が見える一方で、朝焼けが逆光。しかも神奈川からは見えない山頂に2本の角が生えたような山様が拝めます。

いずれ南アルプスにも登らなければいけないなぁと思いました。

IMG_2182

怖い犬ジャケ

謹賀新年。年末年始は除夜の鐘突きや初詣など行列に並んでばかりでした。

さて今年は戌年とのこと。犬ジャケは色々あるけれど、コミカルやアットホームなものばかりでどうも惹かれない。そこで今回は昨年上野の森美術館で話題になっていた「怖い絵展」にあやかり「怖い犬ジャケ」を並べてみました。

FNM
Faith No More 「King For A Day, Fool For A Lifetime」1995
警察犬は犯罪者じゃなくても怖いですね。この絵は好きで昔年賀状にも使いました。ちなみに昨年は初代ボーカルのChuck Mosleyが他界してしまいました。

pavlov
Pavlov's Dog 「Pampered Menial」1975
バンド名の通りパブロフの犬の絵なんだと思いますが、この犬が実験に使われたと思うと少し怖いし可哀想。ちなみにこの甲高いボーカルは好き嫌いが分かれます。

alice
Alice In Chains 「Alice In Chains」1995
日本では発禁差し替えとなった3本足の犬ジャケ。このアルバムを最後にバンドは活動を停止し、ボーカルLayne Staleyは2002年に自殺をしてしまいました。

neurosis
Neurosis 「Times Of Grace」1999
明らかに尋常じゃないこのジャケットがまず怖い。そしてそれ以上に強烈なのが中身。嫁子供がいる時は怖がるので聴けません。


というわけで今年もマイペースでやっていきます。

ボイジャーのゴールデンレコード

Voyager Golden Record
Various Artists
Ozma Records
2018-02-02


1. 国連事務総長クルト・ヴァルトハイムのメッセージ
2. 世界55言語による挨拶
3. United Nations Greetings / Whale Songs
4. Sounds of Earth
5. バッハ "ブランデンブルク協奏曲第2番ヘ長調 第1楽章" (オーケストラ)
6. インドネシア / ジャワの宮廷ガムラン
7. セネガル / 打楽器
8. ザイール / ピグミーの少女による儀式の歌
9. オーストラリア / アボリジニーの歌
10.メキシコ / Lorenzo Barcelata "El Cascabel"
11. Chuck Berry "Johnny B. Goode"
12. パプアニューギニア / Men's house song
13. 日本 / 山口五郎 "鶴の巣籠り" (尺八古典本曲)
14. バッハ "無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ" (ヴァイオリン)
15. モーツァルト "魔笛" (オペラ)
16. ソビエト連邦 (グルジア) "Tchakrulo"
17. ペルー / パンパイプとドラム
18. Louis Armstrong "Melancholy Blues"
19. アゼルバイジャン / バグパイプ
20. ストラヴィンスキー "春の祭典から「生贄の踊り」" (バレエ)
21. バッハ "平均律クラヴィーア曲集第2巻から前奏曲とフーガ ハ長調" (ピアノ)
22. ベートーベン "交響曲第5番(運命)第1楽章"
23. ブルガリア / "Izlel je Delyo Hajdutin"
24. アメリカ合衆国 / ナバホ族ナイトチャント
25. イギリス / アントニー・ホルボーン
26. ソロモン諸島 / パンパイプ
27. ペルー / 婚礼歌
28. 中国 / 古琴
29. インド / ラーガ
30. Blind Willie Johnson "Dark Was The Night"
31. ベートーベン "弦楽四重奏曲第13番第5楽章:カヴァティーナ" (弦楽四重奏)


早いもので今年も終わりだが、最後にこんな話題を。

1977年にNASAが無人探査機ボイジャーを打ち上げてから今年で40年になる。宇宙のどこかにいるかもしれない地球外知的生命体を探して宇宙空間を飛んでいるボイジャーは、ついに太陽系の外へと到達したらしい。先日は搭載エンジンを37年ぶりに作動させることに成功したというニュースも流れていた。

今年このボイジャーに関してもう一つ密かに話題になっていたのが、搭載されているゴールデンレコードの復刻である。これは地球外知的生命体に宛てて特別に製作された金のレコード盤であり、今回40周年を記念してクラウドファンディングを通して限定復刻されるというものである。

これには冒頭に当時の国連事務総長のメッセージから始まり、全世界55ヶ国言語による挨拶、そして世界中の音楽27曲が収録されている。この復刻レコード、欲しいのだが何しろ値が張るのとプレイヤーもないため、特設サイトで試聴をしつつ、その選曲について私見をつづってみた。

まず中心になっているのが世界各国の伝統音楽。北南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアから全16曲収録されており、世界各国の音楽を網羅しているように見える。ブラジルのサンバやボサノバ、ジャマイカのレゲエなども思いつきはしたが、このレコードの製作当時ではまだ歴史は浅いため、伝統音楽には該当しなかったのだろう。であれば、せめてフラメンコやキューバ音楽あたりは個人的には入れて欲しかった。あと日本の音楽としては尺八の独奏が収録されているのだが、これがどうにも地味。雅楽や和太鼓などだったら聴き映えしたのではないかという気がした。

続いてクラシック。これは合計7曲が選曲されている。ヨーロッパの伝統音楽といえばクラシックになるのは仕方ないかもしれないが、ドイツやバッハが随分被っているのが気になった。まぁクラシックの中でもオーケストラ、弦楽、ピアノ、オペラなどそれぞれ別ジャンルとしての選曲なのだろう。

最後にポピュラー音楽なのだが、これがあまりにも少ない。R&R、ジャズ、ブルースの3曲だけで、それも全てアメリカ。まぁこれはNASAなので仕方ないかもしれない。個人的にはカントリーブルースのBlind Willie Johnsonが宇宙を飛んでいることを想像するのは愉快で楽しいが。ちなみにThe Beatlesにも声を掛けたらしいが、EMIに断られたという。何とも了見の狭い話だ。

もし今新たにボイジャーを飛ばしてゴールデンレコードを作り直すというのであれば、是非ポピュラーミュージックだけで1枚作ってほしいものだ。そこには、ポップス、ロック、フォーク、カントリー、R&B、ファンク、Hip Hop、フュージョン、エレクトロニカ、パンク、ハードコア、ヘヴィメタル、オルタナティブ、など一通り網羅して頂きたい。きっとジャンル各界が収録曲数を巡って熾烈に争い盛り上がることだろう。やはり地球の音楽を代表するとあればこうでありたい。いかがだろうか、NASAさん?

golden
※ゴールデンレコード特設サイト。試聴ページまで辿り着くのに少しコツが必要です

「没後60年記念 川合玉堂 -四季・人々・自然-」

gyoku

「【特別展】没後60年記念 川合玉堂 -四季・人々・自然-」を観に広尾にある山種美術館に行ってきた。川合玉堂(1873-1957)は明治から昭和初期の日本画壇の中心的画家。山種美術館は創設者が玉堂と懇意にしていた関係で所蔵が多いらしく、計80点がずらりと展示されていた。

古き良き日本の山河を描いた玉堂の風景画は観ていて癒やされる。四季の移ろいの中の山々や渓谷はハッとするような美しさに溢れているし、その中に描かれる人々や動物の表情は柔らかい。それらを通して観る者は玉堂の鋭い感性や温かい人柄を痛感する。

私は日本画について詳しくはないが、写実的な細かい描写や墨の濃淡による陰影は見事。また近景の岩肌の輪郭線は雪舟ぽいなとか、後年の彩色は洋画の水彩画に見えるなと感じた。

圧巻だったのは幅3.7mの大作「渓山四時図」。また初期の「渓山秋趣」や「瀑布」も特に見入った。「鵜飼」のみ撮影できたが、他の作品も持って帰りたかったので図録を購入した。今度は奥多摩にあるという玉堂記念館にも是非行ってみたい。

IMG_2063

鍋割山登山

IMG_2086

丹沢山系の手始めに鍋割山に登ってみた。娘を連れて行けるかどうか下見のために今回は単独行。

まずは車で表丹沢県民の森駐車場まで。最後まで舗装されているのが良いが、その分混んでいる。

そこから二俣まで行くつもりだったのだが、誤って栗ノ木洞に登る山道を選択してしまった。急斜面の中の山道が分かり辛く途中で道を見失う。仕方ないので道なき岩場の斜面を三点確保しながら直登する。子連れじゃなくて良かった。

IMG_2095

栗ノ木洞(908m)に着いたらそこから鍋割山までは尾根道だが、まずは下りから。二俣からの合流になっている後沢乗越はミニキレットのようになっていて注意が必要だ。そしてそこからはひたすら登り。

IMG_2111

登っていくにつれ気温は下がり、周囲に雪が現れてきた。前夜の平野部での雨が、山間部では初雪になっていたようだ。

IMG_2115

麓からは計3時間かかり、ようやく鍋割山(1272m)頂上に到着。前半は休みなく登っていたが、後半は景色を楽しみながらのんびり登ったため、随分時間がかかってしまった。この日のお目当ての1つは鍋割山荘の名物鍋焼うどん。到着時間も午後1時頃と遅めだったため空いていた。冷えた身体が温まる。

IMG_2117

鍋割山は西側の眺望が良く、もう1つのお目当ては富士山。最初は雲がかかっていたが、やがてその雄大な姿を現した。しかしここでスマホの充電が切れて撮影できず。そういえばGPSを入れっぱなしだった。残念。

帰りは後沢乗越から無事二俣ルートへ。こちらは道も歩きやすく、沢や滝もあり楽しめる。下見もできたので、来年は娘を連れてこよう。

「美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」

image1

六本木ミッドタウンにあるフジフィルムスクエアには、写真歴史博物館とともにフォトサロンが併設されていて、立ち寄るたびに色々な写真展が催されていて、いつも楽しめる場所だ。

先日もたまたま通りかかったついでに覗いてみたら、アンセル・アダムスの写真展をやっていて驚いた。どうやらフジフィルムスクエアの開館10周年の記念写真展だったらしい。写真展サイトでもピックアップされていなかったので全く知らなかったが、これを見逃したら激しく後悔していただろう。もっと宣伝してくれれば良いのに。

アンセル・アダムス(Ansel Adams, 1902-1984)。私が最も好きなアメリカの風景写真の巨匠。有名なのはやはり国立公園の大自然を捉えた作品群で、彼が生涯を捧げたヨセミテを始めとする数々の渓谷や山岳の作品に表現されたアメリカの大自然の雄大な美しさに見入った。またこれまで見たことがなかった静物画や人物画も展示されていた。

今展では京都国立近代美術館所蔵の彼の作品60点が展示されていたのだが、実際観てみて驚いたのは、それらはみなオリジナルプリントで、しかも彼の直筆サインが入ったものばかり。1枚で良いから持って帰りたかった。

コンシェルジェによる解説会では、彼の生涯などとともに、ゾーンシステムという彼の開発した技法について教えて頂いた。本来自然は様々な色によって彩られているが、彼はそれをモノクロの世界で階調のみで表現しきった。それは芸術作品として完成している一方で、観る者に色を想像する余地も残されている。そこにはカラー写真にはない、いつまでも飽きさせない奥深さがあると思う。



こちらは上映会で上映されていた1958年のドキュメンタリー「Ansel Adams, Photographer」。元々プロのピアニストを目指していたアダムスのピアノも披露されている。

「ゴッホ~最期の手紙~」

gogh

映画「ゴッホ~最期の手紙~」を観てきました。TOHOシネマ上野広小路はオープン初日だったため激混みでした。

この映画、ゴッホの動く油絵を体験できるという少し変わった趣向。実際には俳優達の演技を撮影したものを元に、ゴッホの画風を習得した125人の画家達による62,450枚の絵を繋いでアニメーション化しています。

舞台は「夜のカフェテラス」「オーヴェルの教会」「カラスのいる麦畑」「星月夜」etc、登場人物は「郵便配達夫ジョセフルーラン」「タンギー爺さん」「医師ガシェ」etc。彼の有名な風景画がそのまま舞台となり、有名な肖像画がそのまま登場人物となっています。またその中で雲や表情などの動きを表すために少しずつ塗り重ねられている様子が、ゴッホの厚塗りの一筆一筆をより魅力的に魅せています。

こうした構成だけでなく、ストーリーも秀逸。ゴッホの生前最期の手紙を郵便配達夫ジョセフから託された息子のアルマンが、それを手渡すべき人物を探し奔走するというもの。ゴッホの弟テオの死を知った後、最期の地であるオーヴェールに辿り着き、そこでゴッホの死は自殺ではなかったのではという疑問を抱きます。どこまで真実なのか分かりませんが、意外な結末には感動させられました。

波乱に満ちた生涯と鮮烈な作品の数々で、ゴッホは日本でも非常に人気の高い画家ですが、これはファンならずとも観るべき映画だと思います。


 

Huey Lewis & The News Japan Tour 2017

huey

Huey Lewis & The Newsの来日公演に行ってきた。4年前に見逃して悔しい思いをしたが、また来るとは思っていなかった。会場はオーチャードホールで、私の席は2階の最前列。観客は40~50代が多いようだった。行ったのは21日だったが、翌日の追加公演がグレイテストヒッツになると聞いていた。そっちへ行くべきだったかと思ったが、逆に現在進行形なバンドの姿を知ることが出来た。

場内暗転すると、ステージは赤く点滅する中、ダンダダンとR&Rの鼓動が鳴り響いてきた。次々とメンバーが登場し、始まったのはもちろん”Heart Of Rock & Roll”。歓声の中、最後にサングラスをかけたHueyがステージに登場しハーモニカを吹き鳴らした後にマイクを掴んだ。

懐かしいあのハスキーボイス、伸びやかな高音にシャウト。遠目だからか67歳という年齢ほど歳を取ったようには見えず、自慢のゴールデンボイスも健在だ。右手にいる若くて髪の長いイケメンギタリストがギターでクラクションの音を出している。左手はオリジナルメンバーのJohnny Colla。彼はギターを弾いていたと思ったら、今度はサックスに持ち替えて吹き鳴らす。1階席はすでにオールスタンディング。このオーチャードホールでオールスタンディングの光景を見るのは初めてだ。

最近の曲だろうか初めて聴く2曲目の後に、また聴き慣れた”I Want A New Drag”のイントロが流れ観客が反応する。Johnnyは3人のホーンセクションに並んでサックス。右手の若いギタリストがこの曲や”Jacob's Ladder”の中間部で長いギターソロを聴かせ新しい解釈を加えていた。彼の若さがこの親父バンドに活きの良さを持ち込んでいるのが見て取れた。

ここでHueyのMC。「ドモアリガト、トーキョー!今日は11月21日の水曜日だ。今夜を忘れられない夜にしようぜ。これは新曲だ」”Her Love Is Killing Me”とタイトルされたノリの良いR&R。最後Hueyはタイトル通りドラムセットに倒れ込む茶目っ気を見せる。昔の曲と新曲やカヴァー曲を上手く織り交ぜながらセットは進んでいく。Hueyはバンドマイクでステージを左へ右へ動き「Are you with me !?」と煽ったり、観客に歌わせたり、上手く場内を盛り上げる。

途中1人ずつバンド紹介。オリジナルメンバーのキーボードSean HopperやドラムBill Gibsonの時は一際大きな歓声が上がった。「続く2曲はアカペラだ。知ってれば歌って、知らなければ手を叩いてくれ」メンバー全員ステージフロントに出て来て横一列に並ぶ。楽器はギター1本とベース、スネアドラムとホーン。この編成で1曲歌った後は、5人だけになり今度は完全なアカペラで新曲”Looking For A Love”。これがまた見事で、Seanの低音が特に良い味を出していた。

ここでHueyが「Lets go back to the future !」と叫び”Back In Time”へと雪崩れ込む。ここからはヒット曲のオンパレードと行って欲しかったが、”Heart And Soul”の後はまたカヴァーがありつつ本編終了。

アンコールで歓声の中Hueyが1人でステージに戻った後、ホーンセクションの紹介。そして「何か聴きたいか知ってるよ。30年前にこの曲を書いて以来毎晩演ることになった。これは君達のためだ」と言って始まったのは”Power Of Love”。中間部でHueyが「Can you feel it?」と煽る。正直愛の力は感じないが、音楽の力は感じることが出来た。

クールダウンしてミドルテンポの”Stuck With Me”。幸福感溢れる歌詞と綺麗なコーラスに改めて良い曲だなというのと、西海岸のバンドだなというのを再認識する。
その後ドラムとハーモニカだけで盛り上げた後、アップテンポの”Working For Living”で駆け抜ける。最後は全員で飛び上がって最後の音を鳴らして終了。横一列で挨拶をした後、大歓声の中ステージを去って行った。90分という短い時間ではあったが素晴らしいステージだった。

残念だったのは自分の席位置。ステージは良く見えたが、結局最後まで立ち上がることが出来ずじまい。これは座って観るような音楽じゃないだろう。こんな最高のR&Rは。

1. The Heart Of Rock & Roll
2. Remind Me Why I Love You Again
3. Doing It All For My Baby
4. I Want A New Drug
5. Her Love Is Killing Me
6. Jacob's Ladder
7. Hip To Be Square
8. Um, Um, Um, Um, Um, Um, Um
9. Lookin' For A Love
10.While We're Young
11.Back In Time
12.Heart And Soul
13.But It's Alright
14.We're Not Here For A Long Time
encore
15.The Power Of Love
16.Stuck With You
17.Workin' For A Livin

IMG_2068

ロックの殿堂ジャパンミュージアム

image3

9月から「ロックの殿堂ジャパンミュージアム (Rock & Roll Hall Of Fame Japan)」が有楽町にオープンしたということでちょっと覗いてきた。入場料は2,200円と少し高め。だが殿堂入りしたアーティスト達の衣装や楽器が、Rock・Folk・Soul・Punkなどジャンル毎に新旧色々展示されていてなかなか楽しめた。私が特に見入ったのは以下。

① Jackson 5の5人全員のステージ衣装。中央がMichaelのもの
image1

② 故Greg Lakeが”Lucky Man”を作曲した子供の頃から使用していたギターとステージ衣装
image2

③ StingがSynchronicityのツアーで使っていた衣装とSpectorベース
image4

④ Metallicaの故Clif Burtonが使っていた79年のAria Pro Ⅱベース
image5

⑤ BanglesのSuzanna Hoffsが”Eternal Flame”のPVで来ていた衣装
image7

また式典でのライブ映像も大画面で流されていて、この時はCCRとBruce Springsteen、The DoorsとEddie Vedderが熱く共演していた。

しかし気になったのは場内の閑散さ。私の滞在中に他にいたのは1人だけ。これでは多額の展示品レンタル費と場所代が賄えないのではと心配になってしまった。もっと行ってあげて。

大山登山

image2

先日娘と2人で大山に登って来ました。ほとんど雲もなく絶好の登山日和でした。お陰でかなり混んでいましたが。。

元々都民だった私は神奈川県の大山を知りませんでした。県のほぼ中央に位置し、どこからでもその山嶺を見ることができ、また阿夫利神社や大山寺への大山詣りは江戸時代からメジャーな小旅行だったそうなので、昔からきっと都民にとっての高尾山のような存在だったのだと思います。

image3
昨年の高尾山に続いて、ここは娘と登りたかったのですが、彼女はとっても気まぐれ。頂上まで登ったらアイスを買ってあげるからと、食べ物で釣って同行させることに成功。(まるで誘拐みたい。。)

image4
実際にケーブルカーで阿夫利神社下社に降り立つと、紅葉の綺麗な景色に娘は大喜び。私のスマホで写真を撮りまくっていました。ススキを入れるあたりがなかなかニクい。

image5
登り始めてからも機嫌良く、歩数を数え続けながら果敢に攻めていきます。3000以降は数え飽きていましたが、最後まで先行していました。

image6
約2時間で頂上に到達。子連れにはちょうど良い距離。一円が見渡せる眺望も最高でした。次は丹沢に連れていこうかな。
Gallery
  • 「白旗史朗  フジクロームで描く美しき日本の屋根」
  • 「白旗史朗  フジクロームで描く美しき日本の屋根」
  • 怖い犬ジャケ
  • 怖い犬ジャケ
  • 怖い犬ジャケ
  • 怖い犬ジャケ
  • ボイジャーのゴールデンレコード
  • 「没後60年記念 川合玉堂 -四季・人々・自然-」
  • 「没後60年記念 川合玉堂 -四季・人々・自然-」
Access
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Categories
Comments